お気に入りCD(洋楽・邦楽・安室奈美恵)、日記など書いていこうと思いますっ! 洋楽聴き始めて3年ぐらいの洋楽初級者なんで、期待せずお手柔らかにお願いします! Special Thanks KATSU
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
solange2nd.jpg
音楽一家でもあるKnowles家の次女、Solangeがデビューアルバムから5年振りの発表となった2ndアルバムを紹介!!姉であるBeyonceに負けじとソングライト能力を発揮している彼女の新作なんですが、これまでの先鋭的なダンサブルなトラックとは違い、古きモータウンサウンドを取り入れた内容になっています。

『God Given Name』はメロウなトラックに浮遊するかのように歌うスムージーなナンバー。
『T.O.N.Y.』は軽やかなリズム感が心地良いノリを引き出すソウルナンバー。制作はJack Splash(Alicia Keys作品)。
『Dancing In The Dark』はトランペットの軽快な旋律が印象的なモータウンサウンドナンバー。
『Would've Been The One』は可愛らしいピアノ伴奏にメロディアスなヴォーカルが気持ち良いミッドナンバー。制作はJack Splash
『Sandcastle Disco』Soulshock and Karline(Monica, JoJo作品)制作のアップテンポなトラックが気分を上げるナンバー!!
先行シングル『I Decided Pt.Ⅰ』The Neptunes制作によるモータウンサウンド全開のナンバー。
『Valentine's Day』はまったりとしたソウルテイストが心地良いスローナンバー。制作はThe Bama Boyz(Beyonce作品)。
『6 O'Clock Blues』Mark Ronson(Christina Aguilera, Amy Winehouse作品)が制作したHIP-HOPテイストのトラックにソウル・ブルース感を注入したミッドナンバー。
『Ode To Marvin』は軽めなパーカションにエレキカッティングが印象的なソウルナンバー。制作はJack Splash
『I Told You So』は弾むベースラインがシリアスな雰囲気を出すミッドチューン。制作はShea Taylar(Ne-Yo, Beyonce作品)。
『Cosmic Journey feat. Bilal』はネオソウルシンガーBilalを招いてサイケデリックな雰囲気が妖艶なスローナンバー。後半はエレクトロサウンドに変わっていきます。制作はSoulshock & Karlin(Monica, JoJo作品)。
『This Bird』は前曲のテイストを引き継ぐようなシンセパッドが印象的なスローナンバー。
『I Decided Pt. Ⅱ(Remix)』は原曲の雰囲気は壊さずにプログラミングされたトラックが現代風の曲に変化させたREMIX。

これ、派手さとかないけど聴けば聴くほど良くなるスルメみたいなアルバムです。ヴォーカルも曲ごとに色んな表情が聴けて満足度高め。ソウルやモータウンサウンドを取り入れたSolangeの方向転換、吉と出た作品です!!安室奈美恵の『NEW LOOK』が好きな方にオススメです。ぜひ聴いてみてください

● 関連作品 ●
・1st AL『Solo Star』レビューこちら
・Soundtrack 『The Fighting Temptations』レビューこちら
・Kelly Rowland 『Ms. Kelly』(制作参加)レビューこちら

スポンサーサイト
neyo3rdyog.jpg
R&Bシーンにメロディー復権をもたらしたシンガーソングライターNe-Yoの前作から1年半振りの3rdアルバムを紹介!!制作業では大物アーティストのアルバムに必ずとも参加している彼は今回の作品は延期に延期を重ねての発表。様々なジャンルを取り入れた内容に仕上がっています。

先行シングル『Closer』はエレキのカッティングとハウストラックがテンション上げるダンスナンバー!!制作はStarGate(Beyonce, Rihanna作品)。
『Nobody』はFUNKテイストのゴリゴリしたトラックがカッコいいナンバー!!
『Single』Polow Da Don(Fergie, Chris Brown作品)が制作したR&Bミッドバラード。8分に連打するキックに哀愁あるメロディーが気持ち良い曲。
『Mad』StarGate制作によるピアノ伴奏が美しく儚い旋律を奏でるメロディアスなミッドナンバー。
『Miss Independent』はトラディショナルなトラックにハープなどの繊細な音色がのかっるミッドナンバー。制作はStarGateでシングルカット曲。
『Why Does She Stay』は囁くように情感豊かに歌い上げるヴォーカルが印象的なスローナンバー。制作はStereotypes
『Fade Into The Background』は大胆なスネアとスラップベースが心地良いグルーヴ感出すミッドナンバー。制作はShomari“Sho”Wilson
『So You Can Cry』はボサノバテイストのトラックにアコギのアルペジオが温かく心地良いミッドナンバー。制作はSyience
『Part Of The List』は哀愁漂うスパニッシュの薫りがする物悲しくも壮大なバラードナンバー。制作はChuck Harmony
『Back To What You Know』は豪快なアコギのカッティングと尖ったクラップ音がグルーヴ感たっぷりのミッドナンバー。制作はStarGate
『Lie To Me』Shea Taylor(Beyonce作品)制作によるシリアスなメロディーラインとエレクトロ風なサウンドを取り入れたミッドナンバー。
『Stop This World』Chuck Harmony制作によるピアノ伴奏と壮大なストリングスが広がりみせる普遍的なミッドバラード。

ここからは日本盤ボーナストラックの紹介!!
『What's The Matter』Chuck Harmony制作による古きよきソウル感が滲み出るメロディアスなバンドサウンド風のミッドナンバー。
『She Got Her Own feat. Jamie Foxx & Fabolous』は客演にオスカー俳優でもあるJamie FoxxとウニョウニョRAPを披露するFabolousを迎えたスナップ風のミッドナンバー。

前作が1stアルバムの二番煎じっぽい内容に対し、ハウスやボサノヴァ、アコースティックサウンドを取り入れた内容で粒立ちのはっきりした曲ばかりでした。延期してでも作りこんだことが吉に出たと言っても過言ではないです。ぜひ聴いてみてください

● 関連作品 ●
・1st AL『In My Own Words』レビューこちら
・2nd AL『Because Of You』レビューこちら
・Rihanna 『Good Girl Gone Bad』レビュー(客演・制作参加)こちら
・Celine Dion 『Taking Chances』(制作参加)レビューこちら
・Mary J. Blige 『Growing Pains』(制作参加)レビューこちら
・JANET 『Discipline [Deluxe Edition]』(制作参加)レビューこちら
・Leona Lewis 『Spirit』(制作参加)レビューこちら

今月初旬に日本の音楽業界を震撼させた事件がありました。
小室哲哉さんの詐欺事件。
僕はちょうど中学生の頃、小室さんが創りだす音楽が大好きで、いわゆる“小室ファミリー”と呼ばれていたアーティストのCDばかり聴いていました。
口ずさめるキャッチーなメロディーと煌びやかなデジタルサウンドにウキウキして聴いていたのを覚えてます。
それだけではありません。シングルにならないアルバムの中のバラードナンバー、哀愁を帯びた旋律こそ一番好きでした。

今回の事件の真相はまだ判りませんが正直に全てを話して、犯してしまった罪は反省してして欲しいです。またマスコミがあーだこーだ言って変に煽っていますが(それが腹立つし、人間的に疑っていまうことばかり)、全ては裁判で明らかになるので事件の行方を見守っていきたいと思います。
正直僕の単なるファン心理でいっちゃうと、騙されたんじゃないかとしか考えられないんです。
それはやっぱり上に書いたように、彩り豊かなサウンド、心に残る歌詞を書いた人がそんなことをする人には思えないんです。

いま自分の持ってる小室さんの作品を聴き直してるんで、このリリースラッシュなのに新作を聴かずにいます。レビューもペースダウンするかもしれないけど、大目にみて頂けると幸いです。
ただ、いまは小室サウンドが聴きたいんです。

christinamilian1st.jpg
デビュー前からテレビタレントとして人気だったChristina Milianが満を持してアーティストデビューを飾った1stアルバムを紹介!!このアルバムは世界情勢の影響もあって本国アメリカでのリリースはされず、日本とイギリスなどで発売。POPな踊れるR&Bアルバムで、ここ日本でもヒットを記録しました。

『Get Away feat. Ja Rule』はダミ声ラッパーJa Ruleを客演に向かえ絡み合うように歌うセクシーなHIP-HOPミッドナンバー。
先行シングル『AM To PM』はアグレッシヴなシンセベースと尖がりまくりなトラックがテンション上げるダンスチューン!!制作はBloodshy & Avant
『When You Look At Me』はエレキのカッティングとエッジの聴いたR&B/POPのトラックがCOOLなダンスナンバー。制作はBloodshy & Avant
『Spending Time』Irv Gotti制作によるピッチカート音にドッシリしたキックが気持ち良いHIP-HOPナンバー。
『It Hurts When...』はR&BシンガーMontell Jordanなどからなる制作集団Focusによる水滴音に甘く切ないヴォーカルが聴き所のR&Bバラード。
『You Make Me Laugh』はハープの音に隙間無く鳴り響くドラムトラックが印象的なアップナンバー!!制作は制作はBloodshy
『A Girl Like Me』Jermaine Dupri & Bryan Michael Cox制作による妖艶なフレーズが病み付きになるアップナンバー。
『Twitch』はSE音とベースが飛び交う中スルスルと歌い上げる色っぽいダンスナンバー。制作はFocus
『Until I Get Over You』はアコギとピアノ、ストリングスの音に添って語るように歌うバラードナンバー。制作はEvan Rogers & Carl Sturken
『Satisfaction Guaranteed』は洗練された2STEPのトラックが明るくテンションを上げるダンスナンバー。
『Got To Have You』は途中でオルゴールのような音が不思議な国のような演出をするアッパーなダンスナンバー!!制作はBloodshy & Avant
『Thank You』Evan Rogers & Carl Sturken制作による感謝の気持ちを歌うミッドバラードナンバー。

ここからは日本盤ボーナストラックの紹介!!
『Let Go』Stargate制作による連射のようなハイハット&スネアのトラックが印象的なダンスPOPナンバー。
『You Snooze, You Lose』Bloodshy制作の変わったSE音に畳み掛けるようなトラックが印象的なダンスナンバー。

愛くるしいルックスとヴォーカルに、踊れるR&Bを軸にしたダンスナンバーが満載のアルバムでした!!本国でリリースされなかったのが残念なぐらいです。安室ちゃんやBoA好きで洋楽入門の方にはぴったりなアルバムだと思います。ぜひ聴いてみてください

● 関連作品 ●
・3rd AL『So Amazin' 』レビューこちら
・2nd AL『It's About Time』レビューこちら
・Paula DeAnda 『Paula DeAnda』(制作参加)レビューこちら
blaque1st.jpg
99年にTLCのLeft Eyeのバックアップの下、Sonyからデビューを飾った女性R&BグループBlaqueの1stアルバムを紹介!!シンガー2人+ラッパー1人とTLCともろ同じ構成ながら、ヴォーカル2人の正統派ヴォーカルを武器にしたユニットです。余談だけどNatinaって…はるな愛に似てるない?!......言うよね~。

『Roll With Me』はTLCの「No Scrubs」を手掛けたShe'kspereが手掛けた尖がったトラックがCOOLなR&Bチューン。
『I Do』はバンドサウンドを感じさせるトラックが心地良いPOPナンバー。
『Leny』はNatinaのラップ部分が多めの色っぽくメロウなR&Bナンバー。
『Rainbow Drive』はTLCでいう「Unpretty」のようなアコギの音色が心和やかにするミッドナンバー。
『808』R. KellyPoke and Tone制作によるドッシリしたキックに滑らかなメロディーがのっかるR&Bナンバー。
『Time After Time』はCyndi Luperの名曲をオリジナルに忠実にカヴァー。丁寧に歌い上げているところに力量が出ています。アレンジはPoke and Tone
『Bring It All To Me feat. 'N SYNC』 'N SYNCのリードヴォーカルJCと代わる代わる歌うグルーヴ感が心地良いミッドナンバー。
『Mind Of A King』はオーガニックなヴォーカルがネオソウル風のスパイスを与えるスローナンバー。
『Don't Go Looking For Love』はソングライトにMariah Careyが参加したヴォーカルを全面に押し出した普遍的なスローバラードナンバー。制作にPoke and ToneCorey Rooneyが参加。
『Release Me』はStingの名曲「Shape Of My Heart」のアコギ・アルペジオをサンプリング使用した哀愁とシリアスを含んだスローナンバー。制作にPoke and ToneCorey Rooneyが参加。
『Right Next To Me』はホイッスルというグループのカヴァーナンバーで、ゆったりとしたミッドテンポが心地良い曲。折り重なるようなヴォーカルが印象的。
『Stay By Your Side』は弦のアレンジが奥行きあるスローバラードナンバーとして仕上げた曲。普遍的なアレンジで、熱いヴォーカルが味わえます。
『When The Last Teardrop Falls』Ric Wake(Jessica Simapson, Celine Dion制作)が制作したシンセピアノとキラキラしたSE音が切ないスローバラード。前曲同様ヴォーカルが味わえます。

TLCをよりPOPにしたサウンドと言ったほうがわかりやすいかな。その分メロディーやヴォーカルを活かした曲が多いなか、様々なヴォーカルを披露していてこれからが期待出来る内容でした。しかし2nd、3rdはお蔵入りで残念な結果に。2ndはアメリカAmazonとiTunesで配信されてるみたいだけど、この扱いは酷い!!!現在2009年発売予定の4thアルバムの制作中とのなので、その作品が無事発表されるよう祈ってます。ぜひ聴いてみてください

● 関連作品 ●
・3rdアルバムからのシングルナンバーだった『I'm Good』レビューこちら
・TLC 『3D』レビューこちら
・Lisa “Left-eye” Lopes 『Supernova』レビューこちら

katyperry1st.jpg
POP界に君臨する女王Madonnaがとあるインタビューでお気に入りアーティストとして紹介されたのが今回紹介するKaty Perry。そのお陰というのか一躍注目の的になりBillboardシングルチャート№1を数週に亘り獲得。毒舌満載でストレートな歌詞にROCK/POPサウンドが爽快なアルバムです。

『One Of The Boys』は爽快なROCKバンドサウンドがモヤモヤ感を吹き飛ばすPOPアップナンバー!!制作はButch Walker(P!nk, Avril Lavinge, Puffy作品)。
先行シングル『I Kissed A Girl』は毒々しいエレキのカッティングとシンセベースが妖艶なメロディアスナンバー。全米・全英シングルチャートを数週に亘り№1を獲得した曲。制作はDr. Luke(Avril Lavinge, Lil' Mama作品)。
『Waking Up In Vegas』Greg Wells(OneRepublic作品)が手掛けた弾けたメロディアスがテンション上げるROCK/POPナンバー!!
『Thinking Of You』は名曲の雰囲気漂うROCKバラード。荒々しい中にも切なさが篭ったラヴソング。制作はButch Walker
『Mannequin』は熱唱しまくるヴォーカルが力量を感じさせるROCKアップナンバー!!制作はGreg Wells
『Ur So Gay』はブリキのオモチャを動かしてるようなHIP-HOPテイストのトラックに艶めかしく歌うミッドナンバー。制作はGreg Wells。あのMadonnaのお気に入りソングです。
『Hot N Cold』はシングルカットされたPOPで80年代風のチープなシンセ音がテンション上がるアッパーチューン!!制作はDr. Luke
『If You Can Afford Me』は軽快なドラム&アコギのカッティングが否応なしにテンション上げるメロディアスPOPアップナンバー!!制作はS*A*M&Sluggo
『Lost』はビブラフォンとアコギのカッティングにハスキーで囁くようなヴォーカルが切ない恋心を歌うスローナンバー。
『Self Inflicted』は激しいエレキカッティングが攻撃的な印象を与えるアップンアンバー。
『I'm Still Breathing』は元EurythmicsのDave Stewartが手掛けた哀愁さ漂うミッドテンポナンバー。過剰なアレンジはなく、メロディーとヴォーカルが最大限に引き出された曲です。
『Fingerprints』はジャンベの音から始まる吐き捨てるように歌うROCKナンバー!!制作はGreg Wells

ここからは日本盤ボーナストラックの紹介!!
『I Kissed A Girl [Rock Mix]』はオリジナルに更にエレキやドラムを強調させたROCKバンドサウンドに仕上がったヴァージョン。
『A Cup Of Coffee』は気だるく歌うヴォーカルがROCKサウンドとマッチしてカッコいいミッドナンバー!!

声の太いヴォーカルにPOP感溢れるROCKサウンド、正にROCK/POP好きには堪らない内容でした(笑)ヴォーカルの表情豊かなところがポイントです!!あと過激な歌詞の割には正統派なサウンドですので取っ付きにくいイメージはないですよ。P!nkあたりが好きな方はツボです。ぜひ聴いてみて下さい

● 関連作品 ●
・Madonna 『Hard Candy』レビューこちら


alanisfoe.jpg

グラミー賞主要部門受賞者で、女性シンガーソングライターとして独自の世界観を歌詞にするAlanis Morissetteが前作から4年振りとなる5thアルバムを紹介!!今回はGuy Sigsworth(Britney Spears, Madonna作品など)が制作を担当、これまでのギターサウンドを残しつつもプログラミング(打ち込み)を多様した新たな一面を披露した作品になっています。

『Citizens Of The Planet』は民族楽器の不気味さとエレキのエッジが壮大なサウンドを織り成すナンバー!!
先行シングル『Underneath』は伸びやかなヴォーカルに、自己とそれぞれの関係に関して歌い上げたナンバー。
『Straitjacket』は湿っぽいSE音とシンセベースがアグレッシヴなアップナンバー。
『Versions Of Violence』はデジタルサウンドとストリングスが荒々しいデジROCK風ミッドナンバー。
『Not As We』はピアノの緩やかな伴奏に合わせて歌うスローナンバー。シングルカット曲。
『In Praise Of The Vulnerable Man』はゆったりとしたメロディーラインに繊細で優しいサウンドが心地良いミッドナンバー。
『Moratorium』はドラムンベース風のトラックに忍び寄るように木琴&エレキが鳴り響くアップナンバー。
『Torch』はピアノとアコギのストローク、壮大なプログラミングが哀愁さ与えるスローナンバー。
『Giggling Again For No Reason』は疾走感あるSE音にエレキが絡むアップナンバー!!
『Tapes』は空間を描くようなシンセパッドにROCKサウンドが際立つミッドナンバー。
『Incomplete』は温か味あるアコギアルペジオにデジダルROCKサウンドが混在したメロディアスナンバー。

ここからは日本盤ボーナストラックの紹介!!
『20/20』はループする民族楽器にのって何かを唱えてるかのように歌うミッド。

パワフルに歌うヴォーカルはそのままに、プログラミングされたサウンドとエッジの聴いたエレキが気持ち良いアルバムでした。デジタルROCKみたいな感じなので、これまで取っ付きにくかった方にも凄い聴き易いサウンドじゃないかな。個人的に大好きでオススメのアルバムです。ぜひ聴いてみてください

Special Thanks JUSTICE.

● 関連作品 ●
・1st AL『Jagged Little Pill』レビューこちら
・3rd AL『Under Rug Swept』レビューこちら
・『GAP Favorite Songs Fall 2005』レビューこちら

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 bounce track all rights reserved.
Recommend Video

         Christina Aguilera / Express [Live Ver.]   Perfume / ねぇ [TV Ver.]

Profile

   KOHEI

Author:  KOHEI
● 年齢 ● 2X歳

●好きなアーティスト●
TLC, Madonna, Janet Jackson
Christina Aguilera, Alicia Keys
Brandy, Monica, Mary J. Blige
Beyonce, Faith Evans,P!nk
Kelly Clarkson, Jessica Simpson
Christina Milian, Mya, Aaliyah
Blaque, Fantasia, Kylie Minogue
Luther Vandross, John Legend,
R.Kelly, Justin Timberlake,
Jamie Foxx, Ne-Yo, Tank
Maroon 5, John Mayer
Darren Hayes, Savage Garden

安室奈美恵, 東京事変 etc...

詳しくはこちら

Categories
Review
Comments
Push!! CD & DVD

                      QUEEN OF POPであるマドンナの初のオールタイムベスト!!!ヒット曲オンパレードな2枚組。POP界の音楽史とも言えるCDです。これでお勉強しましょ♪            American Idol第8シーズンの優勝者Kris Allenのデビューアルバム!!巷では対抗馬で、色っぽくて派手なAdamのメディア取り上げが断然多いですが、個人的にはオーソドックスなサウンドにKrisのヴォーカルが一押し。         安室奈美恵 シングルHIT曲だけのLIVE!!奈美恵さんの真骨頂である迫力の歌&ダンスは圧巻!!披露しているのは知ってる曲ばかり!!ダンサーさんたちもかっこ良く踊り狂ってます!!安室奈美恵LIVEで№1です!!んで僕のバイブル(笑)

Welcome!!

Monthly Archives
Recommend Blog

BLACK FLAVOR         HIP-HOP/R&Bなどブラックミュージック中心にレビューしているサイト。作品レビューの豊富さはピカイチ!僕も超参考にしてます!!

ブログ内検索

RSSフィード
管理人室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。