お気に入りCD(洋楽・邦楽・安室奈美恵)、日記など書いていこうと思いますっ! 洋楽聴き始めて3年ぐらいの洋楽初級者なんで、期待せずお手柔らかにお願いします! Special Thanks KATSU
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
satcmovie.jpg
全世界の女性を魅了したあの4人が帰ってきました!!アメリカはニューヨークを舞台に、30代女性のリアルな私生活を描いたドラマ『SEX and the CITY』がシーズン終了後(全6シーズン)4年ぶりに映画となってここ日本でも公開されました!!
僕は丁度大学生の時でしょうか、WOWOWの吹替え版で何気なく深夜観ていたら、ハマってしまいました(笑)そこから最終シーズンまで毎週欠かさず観てまして…。最初にハマった海外ドラマです、処女作です(←キャー赤裸々!!)
どこかの某アイドル(!?)のS●●Pのゴ●ーさんは“このドラマが好きな男性はいない”と言っていっていましたが…何を言う。
そこらへんのドラマなんぞよりよっぽどリアルだし、面白い。人間素敵に輝きたくて、真剣でかっこ悪くてドジ踏んでアホするもの。このドラマには女性の視点を通してこういったものが描かれています。

では以下はネタバレです。以下は各個人の責任においてお進みください。
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト
昨日ダンスの発表会を観に行きました!!
今年は日程が夏になって暑い中、熱い公演でとても楽しかったです!!
僕は今年は諸事情があって参加出来なかったんだけど…とても悔しく羨ましく思えたほど
みんな楽しそうに可愛らしくかっこ良く踊ってました♪
あーこうやって書いてて思い出すだけで、まじ出たかった気持ちがフツフツと…(>_<;)
衣装も可愛らしく、ガールズパワー炸裂。と考えると男ひとりの僕がいなくて正解!?
曲も何曲も繋げてるのではなく、まるまる1曲を踊ってったので世界観や雰囲気とか勢いが
あって凄い良かったです!!曲はJ●NETの「いちごピョンピョンっ」。
これまた大好きな曲だしーーーーー!!!うぎゃーーーー!!!

あー来年こそ出れたら…出てやる(笑)
amurobestfictioncd.jpg

先日の安室奈美恵『BEST FICTION』のレビューを書きましたが、今回は個人的に思ったことを記事にしました。今から書くことは全くの悪意などなく、むしろ好きだからこそ書かせて頂きます。
ですから“こんな意見もあるんだ”という気持ちでお読みになって頂ければ幸いです。

6年間を発売順で聴いて思ったのは、初期の『shine more』、『Put 'Em Up』、『SO CRAZY』(通称三部作)、『ALARM』の流れやサウンド、ダンス、ダンサーさんが大好きですね。
三部作発売当時に思ったのが“これが新しい安室流ダンスチューンなんだ”と。もうゾクゾクしましたよ(笑)日本のマーケットに媚びない、プロの歌手にしか歌えない曲、自分のやりたいことを突き進めてる姿がとにかくかっこ良かった。
発売にあたってのインタビューを読んでるとR&Bに意識した時期のシングルかな?ご本人はこれ以降のシングルでジャンル関係なしにやりたいことに絞ったようなことを語っています。

僕個人では、この三部作前後の作品の“攻め”が大好きなんです。ダンスもHIP-HOP(LA Styleっぽい)にJAZZが混ざった感じ?僕が好きな振り付けって偶然か何か分かりませんがWarnerさんが振り付けしたものです(笑)この時期のダンサーさんは、黒いノリがあってJAZZのキレもあるし、力んでない、抜いてるようにみえて抜いてない雰囲気が、今のバックアップされているダンサーさんにないものがあって、PV観るときにはダンサーさんを観る楽しさがありました。

なんだろ、アルバム『Queen of Hip-Pop』あたりからのサウンドやダンサーさんが徐々に変わりましたよね。それまでTRFの御三方のステージングから、10代の頃に演出をしていたIZUMIさんになって、ダンサーさんもIZUMIさん関連のダンサーさんに変更。さらにサウンドはPOP感も少し出て来て、T.Kura & MICHICO夫妻にNao 'ymtさんの2本柱へ。
個人的にNao' ymtさんの作るR&Bミッドやスローナンバーは大好きなんだけど、アップナンバーは苦手。トラックのインパクトは大きいとは思うけど、どの曲もメロディーがワンパターンで…。ダンスが付いてやっと好きになるパターンが多いです。『Do Me More』はそれでもイマイチだった…(涙)
あとは奈美恵さんのヴォーカル。MICHICOさんとガッツリやるまでは色んな表情がまだあって聴き応えあったけど、最近は一辺倒。友達とこれは話してることなんだけど、そろそろMICHICOさん以外の方とやってみて欲しいです。とか言いながら『It's All About You』(AL「PLAY」収録)なんか大好き(笑)

最後にツアー。これは希望なんだけど、演出に凝って欲しいなと(笑)前回の2006年アリーナツアーのようなシンプルに踊って魅せるステージは、会場の広さに似合わないと思いました。余談ですが、最後のクレジットをみて知ったんですけど、偶然にもSAMさんが演出された某アーティストさんステージを観させて頂いたんですが、シンプルなセットなのにインパクトある演出が所々あって飽きさせず、ファンでもない僕でも充分に楽しめたし、凄い面白かったです。
ので、程ほどに舞台演出に凝って欲しいです。だってダンスもして、舞台演出も凄かったらハンパなく見応えあると思うし!!想像しただけで興奮しちゃいます(爆)

と、長々と書いてしまったけど、好きだからこそ色んな欲が出てくるんだなと…実感しました(汗)
ある意味好き度も程ほどにしないと、素直に楽しめないのかもしれないですね(笑)
これからの最高の“創りもの”に少々期待しながら追いかけていこうと思います。
amurobestfiction.jpg
常にシーンの先端を突き抜けるアーティストへ進化した安室奈美恵が過去6年に発表したシングルナンバーを完全網羅したベストアルバムを発売!!黄金期の立役者である小室哲哉さんから完全独立後のシングルとあって彼女の音楽性が100%反映された“第2幕”時期ともいえます。

『Do Me More』
VIDAL SASSOONの第2弾CMとして起用された妖艶なダンスナンバー。制作はNao 'ymt。PVでは「不思議の国のアリス」をモチーフにしたファンタジーな内容が面白いです。
『Wishing On The Same Star』
映画「命」の主題歌に起用された切ないバラードナンバー。名バラード曲にこの人あり、Diane Warrenが書き上げた曲です。
『shine more』
高貴で力強いヴァイオリンの音色がCOOLなR&Bナンバー。Christina Aguilera系の芯の強いヴォーカルが光るナンバー。PVでは白をベースにした洗練された和風セットの中で踊りまくってます。詳しくはこちら
『Put 'Em Up』
TLC、Janet Jacksonなどを手掛けたDallas Austinが制作したデジタルサウンドが攻撃的なR&Bダンスナンバー!!日本語詞にはMICHICOさんが手掛けてます。PVは廃工場内でイカツク踊りまくった内容。このPVの視線が最高にCOOLです、カッコいいです!!詳しくはこちら
『SO CRAZY』
Lil Kim、Rihannaなどを手掛けたFull Forceが制作したシンプルで尖がったR&Bチューン。なんといってもRAPを披露したことが話題になった曲。PVは地下駐車場で2人の奈美恵さんが登場するバトルちっくな内容。詳しくはこちら
『ALARM』
ROCKのテイストを取り入れたR&Bダンスチューン!!尖がりまくりのトラックだけでも高揚感あげまくりです!!PVはモノクロで仕上げた映像で、モヒカン系の髪型とライダース系の衣装に注目です。ダンスも超カッコいい!!詳しくはこちら
『ALL FOR YOU』
ドラマ主題歌として起用された普遍的なバラードナンバー。作曲は中島美嘉などを手掛けた松本良喜
『GIRL TALK』
『the SPEED STAR』と両A面として発売された曲で、T.Kura & MICHICO夫妻が制作した可愛らしいPOPなR&Bナンバー。後半のフェイクが聴き所です!!PVは様々なパターンを着た奈美恵さんが可愛らしい内容です。詳しくはこちら
『WANT ME, WANT ME』
強烈にループする三味線系の音色が耳にこびり付くダンスホール系アップナンバー!!歌詞は凄いエロいし…PVも“ずっこんばっこん”してるし…守りを知らない攻めまくりのシングルでした(笑)詳しくはこちら
『White Light』
奈美恵さんのシングルとしては珍しく季節を感じさせるクリスマスミッドバラード。これもシングル盤では両A面で『Violet Sause』が収録。制作はNao 'ymt
『CAN'T SLEEP, CAN'T EAT, I'M SICK』
Janetの『ALL FOR YOU』のキャッチー&ポップとJ.LOの『Get Right』のファンキー部分を混ぜたような軽快なダンスナンバー!!これは洋楽に近い曲ですね。それでもライト層にも人気な曲。制作はT.Kura & MICHICO。そしてこのPVの目玉まJanetが最も信頼を寄せ振り付け&ステージングをしていたShawantte Heardが振り付けしたこと!!詳しくはこちら
『Baby Don't Cry』
ドラマ『ヒミツの花園』の主題歌となって異例のロングヒットを記録したメロディアスなミッドナンバー。男女関係なく背伸びをしない応援歌として人気を博しています。制作はNao 'ymt
『FUNKY TOWN』
LiptonのCMソングとして起用されたFUNKYなダンスナンバー。『CAN'T SLEEP, CAN'T EAT, I'M SICK』に近いサウンドでライヴでも盛り上がる曲。制作はT.Kura & MICHICO
『NEW LOOK』
VIDAL SASSOONとのコラボレーションとしてスタイリングにPatricia Field、ヘアスタイリングにOrlando Pitaの参加が話題になったシングル『60s70s80s』から、60年代をモチーフにした可愛らしいミッドナンバー。サンプリングにDiana Ross & The Supremesの「Baby Love」を使用。制作はT.Kura & MICHICO。PVはパッツン前髪の奈美恵さんが激カワイイ必見、超豪華PV。詳しくはこちら
『ROCK STEADY』
シングル『60s70s80s』から70年代をモチーフにしたソウルフルでファンキーなダンスナンバー!!サンプリングにAretha Franklinの「Rock Steady」を使用。制作はMURO&MICHICO。PVはLAで撮影されたもので、スターへ駆け上って行くストーリー。詳しくはこちら
『WHAT A FEELING』
シングル『60s70s80s』から80年代をモチーフにしたエレクトロなサウンドが高揚感煽るダンスチューン!!サンプリングにIrene Caraの「Flash dance What A Feeling」を使用。制作は大沢伸一&MICHICO
『Sexy Girl』
今回のベストアルバム発売にあたっての新曲です。80年代のサウンドを取り入れたHIP-HOPトラックがカッコいいダンスナンバー!!エレキのエッジ加減やヴォーカルに軽いディストーションを掛けたりと細部にコダワリを感じさせます。制作は今井了介 & USK TRAK。PVではクラブ内での盛り上がり感を出したカッコいいPVで、ダンサーさんも久々に豪華な面子を起用しています!!ツアーもこの方たちが参加して欲しい…。

こうやって振り返ると着実に自分のスタイルを突き進めて極めようとする姿勢を感じ取れます。ただ一言言いたいのは、このベストアルバムでこれまでを済まそうとか、彼女の音楽性を理解しないで欲しいということ。この6年間に3枚のアルバムを発表していて、そこに収録されている曲もダンサブルな曲、切ないバラードなど必聴ナンバーが数多くあります。それらの曲があっての今回収録されているシングルがあるということを。聴いたこと無い方はこれを機にオリジナルアルバムを聴いてみてください。後日僕が感じたこと、個人的に好きな曲など細かい部分を記事にします。

●公式サイトはこちら
●安室奈美恵 作品レビュー一覧 こちら

タイトルだけみるとクリちゃんのアルバムみたいな感じですが(笑)
最近ケータイを変えました…。2年振りです!!
かなり迷ったんですよね~だって今はケータイを分割で買う時代。
その悩んだ時間がなんと、運良く分割金が更に値下げになったりと早く買わなくて
良かったという結果に。
あ、ちなみにP905iのブラックに変えました。P906iの機能とあんまり変わらないなら…ねぇ。
ぶっちゃけ、あんなに機能なくても良いし(爆)
おっさん化ですかね…まぁいいや(^_^)♪

そしてまたまた最近ですが、髪を切りやした。
久々にショートです…短いです…シャンプー楽ぅ~(笑)
前まで鬼太郎みたいな髪型だったんですが、頭ン中が亜熱帯地帯。
やっぱ夏はショートですなっ!!!

あと友達から頂いたBODY SHOPのボディーシャンプーを使ってるんだけど、
これまた良い香りで爽快です♪パッション・フルーツなんだけど、ほんのり
甘くて最高です…最近風呂が好き(←女か(笑))

まとまりなくなりそうなんで強制終了します…次回はアノお方のベストアルバム
レビューをUPさせてもらいますっ!!!
ただ漠然と。
頭の片隅でも構わないから想像したり信じてみることを
見直してみた。

最近も個人的なんだけど、ミーハーなことでもあるんですが
想っていたことが実物として観ることが出来ました。

それはそこに関った方の実力やら経験、繋がりがあってのことで、
自分は全く関与はしていないですが。

もちろん自分もそういう経験があってこそ、ここで書いているし、
思うわけでもあるんです。

だから以前とあるBLOGでコメントの遣り取りを拝見させて頂いたときの
強烈な一言がなんとなくニュアンスで分かったような…。
その言葉は伏せて起きます。
少しややこしい自分に笑えますが(笑)

ただ漠然と。
tokyojihen1st.jpg
2004年に椎名林檎がお気に入りのアーティストとバンドを組んで音楽活動を開始したのが東京事変。今回紹介するのは1stアルバムなんですが、現在は脱退したギターに晝海幹音(現在は昼海幹音でソロ活動)、キーボードにH是都M(PE'Zのメンバー)が参加したアルバムです。

『林檎の唄』はNHK「みんなのうた」にも起用されたナンバーを東京事変ヴァージョンにアレンジされたFUNKYなROCKナンバー。
『群青日和』は先行シングルとして発表されたキャッチーなメロディアスROCKナンバー!!作曲はH是都Mが担当。
『入水願い』はJAZZのアダルトさとROCKが混在したアップナンバー!!
『遭難』は各ポジションが絶妙なフレーズを出すPOPナンバー。先行シングルになった曲です。
『クロール』はヴォーカルにディストーションを掛けたキャッチーで激しいアップナンバー!!
『現実を嗤う』はクロスオーヴァーな幻想的なサウンドに英詩を乗せて歌うミッドナンバー。
『サービス』H是都Mが作曲したテンポが高速な強烈なアップナンバー!!歌詞みないと何いってるか不明(笑)てかみてても追いつかないときも(爆)
『駅前』は歌謡ムード曲を感じさせるピアノ伴奏に切なく歌い上げるミッドバラードナンバー。
『御祭騒ぎ』はダンサブルなROCKサウンドがカッコいいアップナンバー!!
『母国情緒』は鼓笛隊のようなドラムが明るくテンション上げるPOPナンバー!
『夢のあと』はメッセージ性強い歌詞に乗せて物悲しいメロディーが心打つスローナンバー。

バンドの勢いをそのまま収めたサウンドで、攻めた雰囲気がとても爽快、痛快。インタビューでもミスタッチがあったテイクを選んだりといってるだけあって、ガンガンに伝わってくるものがあります。いつ聴いてもテンションあがること間違いなし。ぜひ聴いてみてください

● 関連作品 ●
・椎名林檎 『勝訴ストリップ』レビューこちら
・東京事変 『大人』レビューこちら
・東京事変 『娯楽』レビューこちら

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 bounce track all rights reserved.
Recommend Video

         Christina Aguilera / Express [Live Ver.]   Perfume / ねぇ [TV Ver.]

Profile

   KOHEI

Author:  KOHEI
● 年齢 ● 2X歳

●好きなアーティスト●
TLC, Madonna, Janet Jackson
Christina Aguilera, Alicia Keys
Brandy, Monica, Mary J. Blige
Beyonce, Faith Evans,P!nk
Kelly Clarkson, Jessica Simpson
Christina Milian, Mya, Aaliyah
Blaque, Fantasia, Kylie Minogue
Luther Vandross, John Legend,
R.Kelly, Justin Timberlake,
Jamie Foxx, Ne-Yo, Tank
Maroon 5, John Mayer
Darren Hayes, Savage Garden

安室奈美恵, 東京事変 etc...

詳しくはこちら

Categories
Review
Comments
Push!! CD & DVD

                      QUEEN OF POPであるマドンナの初のオールタイムベスト!!!ヒット曲オンパレードな2枚組。POP界の音楽史とも言えるCDです。これでお勉強しましょ♪            American Idol第8シーズンの優勝者Kris Allenのデビューアルバム!!巷では対抗馬で、色っぽくて派手なAdamのメディア取り上げが断然多いですが、個人的にはオーソドックスなサウンドにKrisのヴォーカルが一押し。         安室奈美恵 シングルHIT曲だけのLIVE!!奈美恵さんの真骨頂である迫力の歌&ダンスは圧巻!!披露しているのは知ってる曲ばかり!!ダンサーさんたちもかっこ良く踊り狂ってます!!安室奈美恵LIVEで№1です!!んで僕のバイブル(笑)

Welcome!!

Monthly Archives
Recommend Blog

BLACK FLAVOR         HIP-HOP/R&Bなどブラックミュージック中心にレビューしているサイト。作品レビューの豊富さはピカイチ!僕も超参考にしてます!!

ブログ内検索

RSSフィード
管理人室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。