お気に入りCD(洋楽・邦楽・安室奈美恵)、日記など書いていこうと思いますっ! 洋楽聴き始めて3年ぐらいの洋楽初級者なんで、期待せずお手柔らかにお願いします! Special Thanks KATSU
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
amurovidalpushtop.jpg


2008年2月からのPower Push!! Artistは

安室奈美恵

3月12日(水)にVIDAL SASSOONとのスペシャルコラボレーションシングル『60s 70s 80s』を発売になる安室奈美恵。シングルとしては『FUNKY TOWN』以来約1年振りの今作は3曲全てにPVがあり、全てにおいてとにかく豪華。スタイリストには「SEX and The CITY」の主要キャストのスタイリング、映画「プラダを着た悪魔」のスタイリングを担当したPatricia Field、ヘアスタイリストにはMadonnaを10年間担当、数々のハリウッド女優やコレクションのスタイリングをしているOrlando Pitaが参加。DVD付きには全てのPVを収録しています!!
■収録曲などの詳しいことはこちら

また2月27日(水)には2007年度に敢行されたホールツアーの東京公演を収録した『namie amuro PLAY tour 2007』が発売!!!こちらは後日レビューUPします。
■『PLAY tour 2007-2008 @東京国際フォーラム ホールA 2007/10/31』レポートこちら
■『PLAY tour 2007-2008 @市川市文化会館 2007/09/09』レポートこちら

●安室奈美恵 作品レビュー一覧 こちら
スポンサーサイト
naoymtwit.jpg

前回紹介したNao 'ymtが様々なアーティストとコラボレーションし配信限定で発表した『Wit' -1st Season- vol.1』(レビューこちら)の全14曲のうちの後半7曲を紹介したいと思います。

『Bedroom / Jine』
以前Jineの公式ホームぺージのTOPで流れてた曲がこれ。濃厚なコーラスとそれぞれのアドリヴが吠えるミッドナンバー。懇願するような“泣き”のメロディーがグッときます。
『Sorry / STY wit' Nao 'ymt』
COLOR, ARIA,リア・ディゾンなどに楽曲提供しているトラックメイカーSTYが清々しいヴォーカルを披露したミッドナンバー。畳み掛けるような音色に軽やかな笛が印象的なトラックです。
『Recover / 宏美 wit' Nao 'ymt』
囁くようなコーラスのなかに艶やかに情熱込めてアドリヴ披露するスローナンバー。リフレインのようなメロディーが耳に残る曲です。
『Think About U / 優美 wit' Nao 'ymt』
重く漂うエレピと切ないメロディーが胸を熱く締め付けるR&Bスローナンバー。優美の淡々と歌う部分と感情が入る部分の微妙な差が堪らなく良いです。
『Hot Voodoo feat. AKIYO/ タイラヨオ wit' Nao 'ymt』
“和”のテイストを取り入れたオリエンタルで派手なトラックにタイラヨオの女性RAPが畳掛けるように炸裂するナンバー!!
『We Can't Back feat. Leanaski / YUKALI wit' Nao 'ymt』
冬の夜空に漂う粉雪のようなキラキラしたトラックに添えるように歌い上げるYUKALIのヴォーカルが胸を締め付けるミッドナンバー。
『Your Place / 真之介 wit' Nao 'ymt』
前曲は女性視点、この曲は男性視点で書かれた曲で、冬の冷たい夜空に想う気持ちを切実に歌い上げた真之介のヴォーカルが男性心を擽ります。過ぎた恋の美しさと儚さを感じさせます。

後半はミッドナンバー中心の紹介になりましたが、普遍的なサウンドにNao 'ymtのトラック&メロディー、それぞれのヴォーカルやRAPが際立つ作品になっていました。個人的に安室ちゃんにもこういった普遍的なR&Bミッド~スローを歌って欲しいなと…改めて思いました(笑)ぜひ聴いてみて下さい

●今回紹介した楽曲はNao 'ymtの公式サイトで視聴可能です。参加アーティストのインタビューなどもありますのでぜひチェックを!!公式サイトはこちら

● 制作作品 ●
・Jine 『Make U Move』レビューこちら
・安室奈美恵 『PLAY』レビュー こちら
・安室奈美恵 『CAN'T SLEEP, CAN'T EAT, I'M SICK / 人魚』(「人魚」のアレンジ担当。アルバム未収録)レビュー こちら
・安室奈美恵 『White Light / Violet Sauce』(どちらも制作担当。「White Light」アルバム未収録。「Violet Sauce」アルバム未収録のシングルver.とREMIXを収録)レビュー こちら

naoymtwit.jpg

安室奈美恵『Baby Don't Cry』『White Light』『WoWa』などを手掛けたといえば一番説明しやすいかな。他にもCrystal Kay名取香りChemistryなどに楽曲を提供するR&B/HIP-HOPプロデューサーNao 'ymtがi Tunes Music Storeで限定配信した楽曲を紹介したいと思います。今日紹介するのは『wit』シリーズの第1シーズンで、一般公募し集まったシンガーやラッパーとコラボレーションした楽曲。その全てをNao 'ymtが制作を担っているものです。

『No Respect / Jine』
Nao 'ymt自身もメンバーの一員である3人組男性R&BコーラスグループJineが琴や三味線などの和楽器を使用したスロートラック上に切実に歌い上げるナンバー。それぞれのヴォーカルが堪能出来る極上のスローになっています。
『OH OH / 宏美 wit' Nao 'ymt』
安室奈美恵の『Baby Don't Cry』や『Pink Key』(AL『PLAY収録』)でバックコーラス参加していた宏美が南部テイストのHIP-HOPトラックにCOOL&SEXYにヴォーカルを載せた現行的なアップチューン!!“おーおーぅ”は口ずさみ必至。安室ちゃん好きは絶対反応しちゃいます(笑)
『Sweet Apple Pie / 優美 wit' Nao 'ymt』
avexからデビューを飾ったTRINITYのメンバーだった優美が摩訶不思議なSE音がそこら辺を飛び跳ねるトラックに、妖艶にヴォーカル披露したアップナンバー!!病み付きになるメロです。これも安室ちゃん好きは絶対反応曲ですな。例えるなら、安室ちゃん曲で言ったら『Full Moon』(AL『PLAY』収録)系?かな。
『Anotha Man featuring Kozo / Jine』
男性ラッパーKozoを客演に招いた、尺八の音が儚ない恋心を演出するミッドナンバー。血脈のようなシンセベースと鼓動のようなキックが高揚させる曲です。メロディアスで最上級なナンバーと言っても過言ではないです。
『Next Morn' featuring Nao 'ymt / Kozo wit' Nao 'ymt』
派手なクラップ音と清涼な尺八が独特な和の雰囲気を醸し出す中、KozoのRapが際立つHIP-HOPチューン。Naoさんのヴォーカルも涼しげで良い感じです!!
『Boom Boom Boom / S-key-A wit' Nao 'ymt』
MTV主催で今井了介(Double, SUITE CHIC作品)、ZEEBRAらからなるプロダクションチームFIRSTKLASが募集したヴォーカルオーディションで最終選考まで残った女性ヴォーカリストS-key-Aが、その涼しげで哀愁漂う声を存分に披露した普遍的なR&Bミッドナンバー。実はオーディション番組観てたときから気になっていた人で、今回参加してて嬉しい驚きでした。今回紹介する中で個人的に一番好きな曲で、コーラスの厚さも気持ち良いし、その中でのアドリヴも良い曲。
『Lil' Goldfish / まりか wit' Nao 'ymt』
蝉の鳴く声と水滴音、琴の音…夏の夕焼けを感じる“和”トラックにまりかの涼しいヴォーカルが癒してくれる極上のスローナンバー。くどくない曲なのでスルっと聴けてしまうのが魅力的。

今日は全14曲のうち、前半の7曲を紹介しました。そのどれも個性溢れる曲ばかりで耳で満足するものばかり。ヴォーカルの力量を存分に表現したトラック&メロディーは普遍性を感じさせました。後半の7曲も後日UPしますので期待せずにお待ち下さい(笑)
●今回紹介した楽曲はNao 'ymtの公式サイトで視聴可能です。参加アーティストのインタビューなどもありますのでぜひチェックを!!公式サイトはこちら

● 制作作品 ●
・Jine 『Make U Move』レビューこちら
・安室奈美恵 『PLAY』レビュー こちら
・安室奈美恵 『CAN'T SLEEP, CAN'T EAT, I'M SICK / 人魚』(「人魚」のアレンジ担当。アルバム未収録)レビュー こちら
・安室奈美恵 『White Light / Violet Sauce』(どちらも制作担当。「White Light」アルバム未収録。「Violet Sauce」アルバム未収録のシングルver.とREMIXを収録)レビュー こちら

ずっとお休みしていたこの【Recommend Single CD】も今日から再開したいと思います。
といっても以前のような毎月ではなく、不定期に紹介していきたいと思います。ぶっちゃけ、シングル自体を買わなくなってしまったのが本音。それでも欲しい曲とかあったら購入しているんで、その数少ないものを紹介します。では早速。
darrensingle.jpg

Darren Hayes / Let's Go [DEMO]
シングル「Me, Myself And (I)」に収録されているデモ段階の音源です。
オクターヴを行き来するシンセベースが高揚感与えるエレクトロサウンドのアップナンバー!!
MadonnaやKylie Minogueを彷彿させるようなサウンドで艶めかしいヴォーカルも通ずるところありますね。デモ段階とは言え、クオリティーは問題なしです。アルバム未収録。

Darren Hayes / Slow Down [DEMO]
このシングルにはもう1曲デモ段階の曲が収録されています。それがこの曲なんですが、アコースティックギターを基調としたスローナンバー。古く懐かしい生ドラム風のトラックに優しいヴォーカルが映える曲。これ、めちゃ良い曲です!!!デモとは思えない…。アルバム未収録。

darrensingle2.jpg

Darren Hayes / Fallen Angel
シングル「On The Verge Of Something Wonderful」に収録されているカップリング曲。
EURO系TRANCEトラックが気分を否応なしに上げるCOOLなアップナンバー!!縦横無尽に飛び跳ねするシンセベース&SE音に切れ味あるクラップ音が印象的。この曲も艶めかしく妖艶な雰囲気を持っています。アルバム未収録。

今回紹介した曲たちは、アルバムに収録されていないのが勿体無いくらい良曲ばかり。
興味がある方は早めにゲットしたほうが良いです。後悔しますよ…(笑)ぜひ聴いてみてください

Special Thanks JUSTICE.

● 関連作品 ●
・新作『This Delicate Thing We've Made』(Disc 1)レビューこちら)
・新作『This Delicate Thing We've Made』(Disc 2)レビューこちら
・Darren Hayes 『Spin』レビュー こちら
・Savage Garden 『Affirmation』レビュー こちら
・Savage Garden 『Affirmation―The B-Sides』レビュー こちら


detours.jpg

女性シンガーソングライターとして数々の名曲を世に放っているSheryl Crowの前作から2年ぶりとなる新作を今回は紹介!!当初、アコースティック調ナンバーを収録した前作『Wildflower』から間髪入れずにアップナンバーを収録した新作を発表すると言われていましたが、プライベートな問題から発売延期。解説を読んでいると当時制作していたアップナンバーは今作には1曲も収録されていないとのこと。その制作には1stアルバムで参加したBill Bottrellを再び招いた“原点回帰”となった作品になっています。

『God Bless This Mess』はラジオから聴こえてくるようなエフェクトがヴィンテージな雰囲気を漂わすミッド。エレキのアルペジオで弾き語る曲です。
『Shine Over Babylon』は前曲から一転、突き抜けたメロディーとドッシリしたスネアドラムが印象的なROCK色強いミッドナンバー。
先行シングル『Love Is Free』はアコギとクラップの音色だけで気分が和やかになるナンバー。開放的に歌い上げるヴォーカルが良い味出してます。
『Peace Be Upon Us』は木琴とパーカッションが温か味出す曲。覚えやすいサビのメロディーは耳に残ること必至。
『Gasoline』は吐き捨てるような“もの申す”系のヴォーカルを披露する南部系ROCKのナンバー。
『Out Of Our Heads』は打ち込みのトラックに派手にアコギのカッティングが絡まるアップナンバー!!この曲をライヴでやったら、サビの“Out Of Our Heads”は大合唱になる要素ありです。
『Detours』はエレキ&アコギのアルペジオとタンバリンが牧歌的な温かさ出すアコースティックの雰囲気が心地良いミッドナンバー。
『Now That You're Gone』はブルースロックの要素が入った渋いナンバー。シンプルなサウンドにヴォーカルが際立った曲です。
『Drunk With The Thought Of You』はアコギの弾き語りで始まるミッドナンバー。後から洒落たトラック&エレキのフレーズが、ヴォーカルの話すような声と混ざり合っています。
『Diamond Ring』はタイトルから察し出来るように、自らの婚約破棄に関して歌ったスローナンバー。
『Motivation』はカントリーの和む雰囲気とROCKが心地良い気分にさせるミッドナンバー。アコギの力強いストロークが印象的。
『Make It Go Away (Radiation Song)』は不穏漂うエレキが全体を包み込むスローナンバー。
『Love Is All There Is』はカントリーテイストのミッド。太陽の日をいっぱい浴びた花のような曲。
『Lullaby For Wyatt』は養子に迎えた息子に向けての子守唄。アコギとチェロ、ピアノといったアコースティックな楽器で披露。

ここからは国内盤ボーナストラックの紹介!!
『Rise Up』は伸びやかなヴォーカルが気持ち良いROCKテイストのミッドナンバー。
『Beautiful Dream』はのどかなメロディーラインにカントリーサウンドがばっちりなミッドナンバー。

解説にも書かれていたんですけど、曲は明るくても歌詞を読んでみれば社会問題などの様々な問題について書かれています。でもそのキャッチーなメロディーと優しいヴォーカルは健在。過去曲はベストアルバムで聴いてはいたけど、これに合わせて1stアルバムを買った僕も“原点回帰”したいと思います(笑)オススメの1枚です!!ぜひ聴いてみてください

Special Thanks JUSTICE.

● 関連作品 ●
・Sheryl Crow 『Wildflower』レビューこちら
・Sheryl Crow 『C'mon C'mon 』レビューこちら
・Dixie Chicks 『Taking The Long Way』(制作参加)レビューこちら

kylieX.jpg

“Princess Of Pop”ことKylie Minogueの通算10枚目のアルバムを紹介!!艶やかで華やかな衣装とデジタルサウンドに、キュートな歌声でリスナーを魅了していた彼女ですが、ここ何年かは癌治療のための闘病生活を送っていました。今作にはその経験を反映したナンバーも収録されています。(※クレジット表記が筆記体で見難い為、制作者名は省かせて頂きます。)

先行シングル『2 Hearts』はROCKの要素を大胆に取り入れた気だるいミッドチューン。艶めかしく色っぽいヴォーカルに“Hu-”のコーラスが印象的。
『Like A Drug』はユーロビートを彷彿させるシンセベースがカッコいい妖艶でCOOLなダンスチューン!!踊る曲に相応しいサウンド。
『In My Arms』は強い閃光のようなシンセが耳を突く爽快で可憐なアップナンバー!!
『Speakerphone』は“ウーウー”と波動のようなベースにエフェクト掛かりまくりのヴォーカルが病み付きになる摩訶不思議なアップナンバー。掛け合いのようなメロディーが面白いです。
『Sensitized』はオリエンタルな雰囲気が魅惑する妖艶なナンバー。聴いているだけでゴージャスな気分になれる曲です。
『Heart Beat Box』はドラムマシーンで遊んでるようなトラックが高揚させる面白いデジタルナンバー。
『The One』はSE音が昔懐かしいユーロビートを感じさせるアップナンバー!!こういったサウンドの曲はお手の物って感じです。
『No More Rain』は雨が上がって虹が出た爽快な晴れを感じさせるPOPナンバー。歌詞は闘病生活からのことを綴っています。
『All I See』はハープの美しい音とスラップベースが心癒すメロディアスなPOPミッドナンバー。Ne-Yoの「Because Of You」っぽいトラックです。
『Stars』はROCKのエッジっぽい雰囲気が疾走感与えるダンスチューン!!
『Wow』は軽快なエレキのカッティングにデジタルサウンドが心躍らすダンスアップナンバー!!“わぅわぅわぅわー”のフレーズが病みつきになります。
『Nu-di-ty』は迷路のような難解なメロディーとトラックが面白い今作2番目の摩訶不思議なナンバー。Gwen Stefaniのような曲です(笑)
『Cosmic』はメッセージ性高い歌詞に広がりを持ったメロディーが優しく包み込むPOPテイストのミッドナンバー。

ここから日本盤ボーナストラックの紹介!!
『King Or Queen』はディスコを感じさせるエレキの軽快なカッティングが印象的なダンスナンバー!!
『I Don't Know What It Is』はディストーションが効いたエレキのカッティングがROCKの勢いつけるアップナンバー!

これまでの“Kylieサウンド”の期待にも応えているし、様々なジャンルやアプローチにも挑戦している究極のデジタルPOPアルバムです。昨今テクノやデジタルサウンドが注目されて、どこか流行を後追いして“違和感のある”アーティストもいますが、Kylieにはこれまでのスタイルと大人の色気や余裕を感じさせました。さすがの一言。ぜひ聴いてみてください

● 関連作品 ●
・Kylie Minogue 『Body Language』レビュー こちら
・Kylie Minogue 『Fever』レビュー こちら

DCSurvivor.jpg

勢いある絶頂期に解散したガールズグループDestiny's Childの2001年発売の3rdアルバムを紹介!!このアルバムと言えば初期のメンバー脱退から新メンバーMichell Williams加入後、初の作品です。

『Independent Women Pt. Ⅰ』は軽いスネアとエレキのループが徐々にテンション上げる女性のアンセム的ナンバー。制作はPoke and Tone(Blaque, Mariah Carey作品)。
先行シングル『Survivor』は鬼気迫るストリングスのループに圧倒するヴォーカルが印象的なアップナンバー!!制作はDent(Stacie Orrico作品)。
『Bootylicious』はStevie Nicksの「Edge Of Seventeen」のエレキのカッティングを使用したSEXYで攻撃的なアップ。制作はRob Fusari
『Nasty Girl』は重いキックに乗っかるようなメロディーが圧迫させるミッドチューン。制作はDent
『Fancy』はピコピコしたSE音とスネアリムが印象的なミッド。コーラスの厚みが堪能出来る一曲。
『Apple Pie A La Mode』は不思議な雰囲気をもったトラックにキャッチーなメロディーが可愛らしいミッド。制作はRob Fusari
『Sexy Daddy』は畳み掛けるような攻撃的なトラックにヴォーカルが煽るアップナンバー。制作はDamon Elliott(P!nk, Jessica Simpson作品)。
『Perfect Man』はピンポン玉のように跳ねまくるSE音が面白いCOOLなミッドナンバー。
『Independent Women Pt. Ⅱ』は寸劇のような面白いトラックが笑えるミッドチューン。
『Happy Face』はキュートなシンセベースなどのデジタルダンスサウンドを取り入れた可愛らしいアップナンバー。制作はRob Fusari
『Dance With Me』はシンプルなトラックに心地良いエレピなどが乗っかるメロディアスなミッドナンバー。制作はSoulshock & Karlin(Monica, Kelly Rowland作品)。
『Survivor [Maurice's Radio Mix]』は爽快なCLUB JAZZ風のHOUSEにアレンジされたREMIX。
『My Heart Still Beats featuring Beyonce』Walter Afanasieff(Mariah Carey, Celine Dion作品)が制作した壮大で美しいバラードナンバー。
『Emotion』Bee Geesのナンバーを美しい女性のハーモニーでカヴァーしたスロー。
『Brown Eyes』はエレピの切なくも優しい旋律が印象的なメッセージ性強いミッドバラードナンバー。制作はWalter Afanasieff
『Dangerously In Love』は後にBeyonceのアルバムにも収録された一途な愛を歌った情熱的なバラード。
『Story Of Beauty』は攻撃的なトラックに柔らかいメロディーと優しいハープの音の相対するものが混ざったミッド。
『Gospel Medley』「You've Been So Good/Now Behold The Lamb/Jesus Loves Me/Total Praise」は3人の美しいコーラスを100%聴けるゴスペルメドレー。

当時の心境や状況を感じさせる、攻めの姿勢そのまま凝縮された作品です。特にアップナンバー好きな方には満足する内容だと思います。シーンの先頭に名乗り出したトレンドセッターの勢いは一聴の価値ありです。ぜひ聴いてみてください

● 関連作品 ●
・Destiny's Child 『Destiny Fulfilled』レビュー こちら
・Beyonce 『B' Day』レビュー こちら
・Beyonce 『B 'Day [DELUXE EDITION]』レビュー こちら
・Kelly Rowland 『Ms. Kelly』レビュー こちら

jtfslsdx.jpg

最近はTimbalandとタッグを組み50 Cent,Duran Duranの楽曲を手掛けているJustin Timberlake。そして大きなトピックとして今年春に発売予定のMadonnaの新作にも数曲手掛けているようです。自身の作品でも今作に収録されている「SexyBack」「My Love」「LoveStoned/I Think She Knows」「What Goes Around...Comes Around」がシングルヒットを記録と順調。その快進撃に乗ってか、デラックスエディションなるものを発売しちゃいました。しかし、その内容は豪華です!!CDには豪華客演REMIXを追加収録、今作からの全PVとパフォーマンス映像を収録したDVDが付いてます。この商売上手(爆)。今回は追加収録されたREMIXとDVDを紹介します。

【CD】
『Futuresex/Lovesounds』通常盤レビューはこちら
『Until The End Of Time Duet With Beyonce』は世界のDIVAであるBeyonceがデュエット参加した新ヴァージョン。Beyonceが加わって曲に広がりが出た印象を受けました。
『SexyBack (DJ Wayne Williams O'l SkoolRemix) feat. Missy Elliott』はオールドスクールフレイヴァー感がテンションアゲアゲにするREMIX。客演のMissy ElliottのRAPも炸裂しております。
『Sexy Ladies feat. 50 Cent』50 CentのRAPを足したREMIX。客演返しといったところでしょうか。

【DVD】
SexyBackpv.jpg

「SexyBack」 Music Video(PV視聴こちら)
Justinがスパイに扮していて、スリリングなショートムービーを見ているような感覚になる洗練されたPV。

mylovepv.jpg

「My Love」 Music Video(PV視聴こちら)
モノクロテイストのシンプルなダンスPV。カッコいいの一言。客演のT.I.も参加。

whatgoespv.jpg

「Whats Goes Around...Comes Around」 Music Video(PV視聴こちら)
女優Scarlett Johanssonが出演した豪華なPV。短編映画のような独特の雰囲気もあるPV。

lovestonedpv.jpg

「LoveStoned/I Think She Knows」Music Video(PV視聴こちら)
波形をモチーフにJustinが踊ったり楽器演奏したり遊び感たっぷりのPV。


その他にPVメイキング&ディレクターのインタビュー、以下のパフォーマンス映像を収録。
「LoveStoned/I Think She Knows -Live From Concert Prive, Paris 2006-」
「My Love -Parkinson UK TV-」
「SexyBack/My Love/LoveStoned -MTV European Video Music Awards Medley-」
「My Love/SexyBack -MTV Video Music Award-」

通常盤を持ってる方でも十分楽しめるような収録内容になっているので安心して購入出来る1枚になっています。もちろんダンスも披露しているので、ダンス好きにも満足出来ます!!いや~「My Love」のパフォーマンス映像がカッコいいの一言でした!!ぜひ聴いてみてください

● Live Report ●
『Justin Timberlake SEXY BACK Club Tour in Japan 2006』ライヴレポ→こちら
※新曲部分曲名が分かったので曲名を書き直しました。

● 関連作品 ●
・Justin Timberlake 『Justified』レビュー こちら
・Justin Timberlake 『Live From London』レビュー こちら
・★N Sync 『Celebrity』レビュー こちら
・Charlie Wilson 『Charlie Last Name Wilson』レビュー こちら(will. i. amとのプロダクションチーム Jawbreakerで制作担当)
・50 Cent 『Curtis』(客演&制作参加)レビュー こちら
・Macy Gray 『Big』(制作参加)レビュー こちら

romakeepon.jpg

2006年にデビュー、本場LAで鍛え抜かれたダンスパフォーマンスとヴォーカルで注目を浴びた男性シンガー田中ロウマのデビューアルバムを紹介!!日本では珍しい“本格派”の歌って踊る男性アーティスト。そのデビューアルバムは様々なサウンドを披露しています。

『Keep On』は幕開きのようなピアノ伴奏から始まるPOPテイストのアップナンバー。途中からディストーションの効いたエレキのカッティングが高揚させます。前向きに突き進む歌詞です。制作はMine-Chang for TinyVoice Production
『One』は爽快なアコギが気持ち良いメッセージ性高いPOPナンバー。力強いヴォーカルが歌詞を際立たせています。制作はMine-Chang for TinyVoice Production
『Under The Sun』は前曲のサウンドを汲んだ曲で、落ち着いた雰囲気のあるアコギとヴォーカルが心地良くさせるミッドナンバー。制作はMine-Chang for TinyVoice Production
『ナミダ』は暗闇の中でもがいた様を、すぐにでも壊れそうなくらいのファルセットで表現したスローナンバー。後半にかけてのアドリヴがグッと迫るものがあります。制作はU-Key
『New Day』は国内R&Bアーティストに楽曲制作をしている今井了介(Double, SUITE CHIC作品)が制作したバラードナンバー。
『Romeo & Juliet』は可愛らしいメロディーラインとスナップ音がドキドキ感を演出する心地良いミッドナンバー。制作は本人。アレンジにUTA
『Breathe』はテクノ要素を取り入れた4つ打ちの現行的なダンスチューン。ダンスが加わったらかっこ良くなりそうな曲です。制作はUTA for TinyVoice Production
『No Change No End』は硬質なトラックが気分盛り上げるR&Bダンスナンバー。キャッチーなメロディーも印象的。制作は3rd Productions
『Ikigai』は全編英詞のシンガーソングライター系のアコースティックナンバー。心温まるサウンドです。制作はMine-Chang for TinyVoice Production
『Not Alone』はアコギのリフのループとエレピの伴奏が心地良いミッドナンバー。制作はMine-Chang for TinyVoice Production
『Can This Be Love?』はHIP-HOPトラックに切ないフレーズループが鳴り響くR&Bダンスチューン。制作は五十嵐 郁
『Amazing』はClub Jazz風のHouseトラックがお洒落なアップナンバー!!RAPを披露しています。制作はDJ TAKA-SHIT

鍛え抜かれた体を活かすようなダンスナンバーはもちろん、アコースティック調のミッドナンバーや切ないスローなど幅広いサウンドを収録した1枚で、自身で書き上げた肉薄する歌詞も印象的でした。個人的には良かった部分なんだけど、このアルバム、ミッド~スローが良いです(笑)なのでダンスナンバーを期待してる方は物足りないかも…。ぜひ聴いてみてください

● 関連作品 ●
・田中ロウマ 『One / No Change No End』レビュー こちら
・田中ロウマ 『Not Alone』レビュー こちら

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 bounce track all rights reserved.
Recommend Video

         Christina Aguilera / Express [Live Ver.]   Perfume / ねぇ [TV Ver.]

Profile

   KOHEI

Author:  KOHEI
● 年齢 ● 2X歳

●好きなアーティスト●
TLC, Madonna, Janet Jackson
Christina Aguilera, Alicia Keys
Brandy, Monica, Mary J. Blige
Beyonce, Faith Evans,P!nk
Kelly Clarkson, Jessica Simpson
Christina Milian, Mya, Aaliyah
Blaque, Fantasia, Kylie Minogue
Luther Vandross, John Legend,
R.Kelly, Justin Timberlake,
Jamie Foxx, Ne-Yo, Tank
Maroon 5, John Mayer
Darren Hayes, Savage Garden

安室奈美恵, 東京事変 etc...

詳しくはこちら

Categories
Review
Comments
Push!! CD & DVD

                      QUEEN OF POPであるマドンナの初のオールタイムベスト!!!ヒット曲オンパレードな2枚組。POP界の音楽史とも言えるCDです。これでお勉強しましょ♪            American Idol第8シーズンの優勝者Kris Allenのデビューアルバム!!巷では対抗馬で、色っぽくて派手なAdamのメディア取り上げが断然多いですが、個人的にはオーソドックスなサウンドにKrisのヴォーカルが一押し。         安室奈美恵 シングルHIT曲だけのLIVE!!奈美恵さんの真骨頂である迫力の歌&ダンスは圧巻!!披露しているのは知ってる曲ばかり!!ダンサーさんたちもかっこ良く踊り狂ってます!!安室奈美恵LIVEで№1です!!んで僕のバイブル(笑)

Welcome!!

Monthly Archives
Recommend Blog

BLACK FLAVOR         HIP-HOP/R&Bなどブラックミュージック中心にレビューしているサイト。作品レビューの豊富さはピカイチ!僕も超参考にしてます!!

ブログ内検索

RSSフィード
管理人室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。