お気に入りCD(洋楽・邦楽・安室奈美恵)、日記など書いていこうと思いますっ! 洋楽聴き始めて3年ぐらいの洋楽初級者なんで、期待せずお手柔らかにお願いします! Special Thanks KATSU
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、いきなりですが…2月の後半は凄いLIVE DVDが2本発売されます。
なんで凄いって?その2本とも観にいったから(笑)
もう興奮と感動の2時間のステージ。買い決定の商品です(←どこのまわしモン?)
まずはこのお方。
christinadvd.jpg

Christina Aguileraが最新アルバム「Back To Basics」を引き下げて昨年敢行したワールドツアーの模様を収録したLIVE DVD。
先日無事に男児を出産したアギのパワフルなヴォーカルと世界一流のステージを堪能出来るLIVE。
日本公演にいって驚いたことは、まず満席でほとんどが女性の方だったこと。
日本武道館を満員にしちゃうのも凄いけど、同性から支持を受けている、歌詞を知っている本物のファンがここ日本でも多いんだなって思いました。アーティスト性高いステージは瞬き出来ないものになっています。ダンス好きにも必見の1枚です!!2月20日発売予定。
■『Back To Basics Tour in Japan @日本武道館 2007/06/20』レポート こちら

続くはこのお方。


昨年夏から始まり2月27日の神奈川公演で全65本のツアー終了するなか、その2月27日にLIVE DVDを発売しちゃう安室奈美恵
今回は最新アルバム『PLAY』を引き下げてのホールツアーで、これまでにない“遊び”がたっぷり凝縮された2時間のステージ。もちろん踊りっぱなしです!!
そして『SO CRAZY tour』以来となる台北でのLIVEを4月に開催。こりゃ観る価値アリですよ(笑)
3月12日には本人も出演するVIDAL SASSOONとのスペシャルコラボレーション企画でもある新曲3曲を収録したシングル『60s 70s 80s』が発売決定。詳しくはこちら

(以下のレポートはネタバレありなので各自の責任においてお読み下さい。)
■『PLAY tour 2007-2008 @東京国際フォーラム ホールA 2007/10/31』レポート こちら
■『PLAY tour 2007-2008 @市川市文化会館 2007/09/09』レポートこちら

日米を代表する歌姫の最新LIVE DVDを観て、興奮しまくりになって寒さを乗り越えちゃいましょう~!!
楽しみだぁーー(^_^)♪

スポンサーサイト
jtfslsdvd.jpg

いま世界で一番飛躍している男性アーティストの一人、Justin Timberlake。昨年世界を跨いでツアーを敢行したLIVEの中から、ニューヨークはマディソンスクエアガーデン公演の模様を完全収録したDVDを紹介!!披露された曲は大ヒットを記録している2nd AL『FutureSex/LoveSounds』からと1stAL、グループ時代の曲など。今回話題になったのが、ステージが客席に囲まれた円形型のステージ。今日は個人的にお気に入りの曲を紹介したいと思います。

オープニング曲に引き続きアコギを手に持ちのカッティングで会場をヒートアップさせた『Like I Love You』。途中からは御馴染みのキレの良いダンスを披露。カッコいいです(笑)続く『My Love』ではダンスをメインに披露。間でJustinのダンスソロも。抜いてるようで抜いてない動きが凄い…。グラミー賞でパフォーマンスしたようにRhoseで伴奏しながら歌う『Senorita』、ピアノを弾きながらしっとり歌い上げる『Until The End Of Time』、途中ブレイクを置いて本編再開曲は『Rock Your Body』。クラップ&キックの音で観客はヒートアップしていて、Justinは御馴染みのダンスを披露。グループ時代の曲も披露、しっとりナンバーをメドレーで纏めた『Gone~Take It From Here~Last Night 』。女性ダンサーと“色々”絡まる『Damn Girl』、歌ってダンスした『Summer Love』、大ヒットナンバー『Cry Me A River』ではダンスを披露、観客を煽ったりで大盛り上がり、引き続き『Lovestoned/I Think She Knows』でもダンスで会場を圧倒したあとキーボードでエレキ音色のアドリヴで『SexyBack』へ繋がります。この4つ打ちは否でもテンション上がりますね(笑)

と簡素にまとめちゃいましたけど客席に囲まれた円形型のステージや巨大スクリーンなどエンターテイメント性高い舞台設定に、ダンスや楽器演奏などで自身のエンターテイメント性も存分に発揮した豪華な内容でした。Justin含めダンサーさん、コーラスさんの円形舞台ゆえの計算された複雑なフォーメーションを見事こなしてるところが印象的でした。ダンスも楽しめて演奏も楽しめるLIVE DVD。ぶっちゃけ来日公演してほしかったな~(笑)ぜひ観てみてください

● 関連作品 ●
・Justin Timberlake 『Justified』レビュー こちら
・Justin Timberlake 『Live From London』レビュー こちら
・★N Sync 『Celebrity』レビュー こちら
・Charlie Wilson 『Charlie Last Name Wilson』レビュー こちら(will. i. amとのプロダクションチーム Jawbreakerで制作担当)
・50 Cent 『Curtis』(客演&制作参加)レビュー こちら
・Macy Gray 『Big』(制作参加)レビュー こちら

amurovidal5.jpg

先日プレス公開され、本日1月23日から大量O.A開始される安室奈美恵とヘアケアブランドVIDAL SASSOONのスペシャルコラボレーションCMについて紹介したいと思います!!
今回は“Fashion, Music, VIDAL SASSOON”というコンセプト。
“Music”とCM出演は日本のみならずアジアでも人気を誇る安室奈美恵
“Fashion”ではアメリカから世界にまで大人気になったドラマ「SEX and The CITY」の主要キャストのスタイリング、映画「プラダを着た悪魔」のスタイリングを担当したPatricia Field。(下画像の左側)
“VIDAL SASSOON (Hair Styling)”はMadonnaを10年間担当、数々のハリウッド女優やコレクションのスタイリングをしているOrlando Pita。(下画像の右側)
amurovidalstaff.jpg

この3名で作り上げた今回のCMの注目すべきところは、安室奈美恵の新曲PVと連動していること。
CMでありながらPVでもある画期的な内容で、もちろん衣装はすべてPatricia Fieldによるオーダーメイドのもの、スタイリングもOrlando Pitaが担当。
今回は「ReMake」をモチーフに“60年代”“70年代”“80年代”をそれぞれ現代風にリメイク。
またCMで流れる奈美恵さんの新曲も、各年代のヒットナンバーをサンプリング使用しています。
それでは先日公開された“60年代”と“70年代”について。

60's “NEW LOOK”
amurovidal60.jpg

CMのコンセプトは安室奈美恵の夢の中。ファッションやヘアスタイルの研究所が舞台となって60年代のファッションを着こなしています。当時のモデルTwiggyのスタイルも登場。個人的にパッツン前髪を希望していたので、嬉しいです(笑)ストライプのワンピースに赤い靴が可愛い♪なんとこのPVにPatricia Fieldがある役で登場するそうです。
このCMで流れているナンバーは新曲『NEW LOOK』。制作はT.KuraMichico
サンプリング使用した曲はThe Supremesの『Baby Love』。The Beatles、Deep Purpleなどが候補にあがっていたようで、最終的に奈美恵さんのフェイバリットソングであるこの曲に決定したそう。心地良いソウル感と可愛らしいトラック&メロディーが女性のお洒落心を表現したかのようなミッドチューン。
このナンバーのバックダンサーさんは海外の方たちで、現地オーディションを開催したらしく、出演されてるダンサーさんはブロードウェイなどで活躍している方たちが殆どだとか。

70's “ROCK STEADY”
amurovidal70.jpg

このCMのコンセプトは街角で渡した1本のデモテープから一躍スターになっていくストーリー。
LAでロケされたもので、ブルーの衣装やシルバーのワンピースが70年代風ディスコにピッタリ。このCMで流れている曲は新曲『ROCK STEADY』
制作はMUROMichicoMUROさんとはSUITE CHICで共演済みですね。サンプリング使用した曲はAretha Franklinの『Rock Steady』。この曲のサンプリング選曲したのはMUROさんとのこと。ファンク、ソウル感溢れる圧倒的なトラックの中で熱いヴォーカルを披露しているアップナンバー!!
今回バックダンサーで参加しているのは男性2名&女性2名。コレオグラフィーはバックでも参加しているSHUNさん。奈美恵さんの『WANT ME, WANT ME』の新装版振り付け(詳しくはこちら)をしたり、2006年のアリーナツアー、2007年~2008年の「PLAY tour」で数曲振り付けしている方。
もう一人の男性ダンサーさんはU☆Gさん。浜崎あゆみ、SMAPをはじめ多くの大物アーティストのバックダンサーをしている方です。女性2名はYOSHIEさんと原田薫さん。この2名は奈美恵さんが産休前~産休明けぐらいの時期にバックダンサーをしていた方たちで、ダンサー界のなかでは超一流の女性ダンサーさんです。日本のダンスシーンをリードしている有名ダンサーさんが今回参加しているだけで興奮状態です!!個人的に『SO CRAZY tour』以来の感動です(笑)

残る80's “WHAT A FEELIN”は近日発表だそうです。またその時にでも記事にしようと思います。
また3月12日にMTVで「Making The Video」が放送予定です。

今回のCMでは色とりどり&様々なスタイルを披露していて、観てて楽しいものになっていますね。ここ何年かの奈美恵さんは決まったように“コルセット+ミニスカ+ニーハイブーツ”で個人的に飽きていたので、超嬉しかった(爆)これを機に今後もいろんな衣装に挑戦して欲しいな…。
このCMとフルヴァージョンとなるPVは、VIDAL SASSOON公式サイトで観れます。撮影フォトショット、メイキングムービーもありますので、ぜひチェックを!!
・公式サイト(PC) こちら
・公式サイト(モバイル) こちら(CMもダウンロード視聴可能)
このCMで使用されている曲は3月12日(水)に発売予定。DVD付きも同時発売なので、DVD付きをゲットしちゃいましょう!!

● 安室奈美恵 作品レビュー一覧 こちら

darrencover.jpg

当BLOGで現在PUSHしているアーティストのDarren Hayesの珍しい映像を紹介したいとおもいます。
今回紹介するのはカウントダウンライヴ(?)で有名アーティストのヒット曲をカヴァー披露したもの。
その曲はMadonna『Dress You Up』Britney Spears『Gimme More』の2曲。

まずはMadonna『Dress You Up』について。
オリジナルの80年代アップサウンドはそのままに歌い上げていて違和感なく聴けてしまいます。Darrenのアルバムって80年代の要素が必ずあるから、聴き手には違和感なくきけるのはそうのせいかな。
『Dress You Up』のカヴァー視聴はこちら(PCのみ)

続くはBritney Spears『Gimme More』について。
こちらはアコギの伴奏のみで歌い上げています。艶やかななファルセットに時折除かせる地声が良いですね~。原曲とは別物にしちゃってます。
『Gimme More』のカヴァー視聴はこちら(PCのみ)

ちなみにこの映像はオーディエンスショットなので画質荒い&手ブレありなので悪しからず…。

■Darren Hayes Official HPは こちら(PCのみ)
■新作のPV視聴は こちら(PCのみ)
■自身のMy Spaceで披露したKylie Minogueの新曲『2 Hearts』のカヴァー こちら(PCのみ)
● 関連作品 ●
・新作『This Delicate Thing We've Made』(Disc 1)レビューこちら)
・新作『This Delicate Thing We've Made』(Disc 2)レビューこちら
・Darren Hayes 『Spin』レビュー こちら
・Savage Garden 『Affirmation』レビュー こちら
・Savage Garden 『Affirmation―The B-Sides』レビュー こちら


いきなりなんですが…朝起きたら雪積もってましたよー!!
寒い寒い…。基本薄着の僕には拷問ですたい(爆)

さて今日でBLOGはじめて2年になりました。
いやはや、もう2年という思いがあります。
サイト閲覧して頂いてる方々には感謝の気持ちでいっぱいです。

去年も同じこと書いたけど、このBLOGを止めるつもりは全くありません。
このBLOGの軸になるものは、僕の中では絶対折れないもの、譲れないもの。
たとえ更新が1週間、1ヶ月滞ることがあっても止めません。

ちょっとしたフレーズや音色でたくさんのものを奏でられたら。
それが普段の生活の中で彩りや強さになってくれたら嬉しいな。
僕はその時がくるまで、最後の最後までCDを紹介していきたいと思います。

これからも自分のペースでBLOGをやっていきますので、時間のあるときにでも観てやってください。
今後とも引き続き宜しくお願いします。

Power Of MUSIC / A. Angela

mariogo.jpg

前作『Turning Point』から「Let Me Love You」が超大ヒットを記録、グラミー賞にもノミネートされた若手男性R&BシンガーMarioの4年振りとなる3rdアルバムを紹介!!延期延期と発売が遅れに遅れ、本当に店頭に並ぶのか心配だったので一安心(笑)そんなこと忘れさせてくれる渾身の1枚になっています!!

『Go』The Neptunes(Usher, Beyonce作品)が制作した軽快なドラムトラックにCOOLなシンセストリングスが印象的なアルバム幕開きに相応しいアップチューン!!
『Crying Out For Me』はまったりした空気感と低音のドッシリ感が気持ち良いミッドバラード。制作はPolow Da Don(Ciara, Kelly Rowland作品)。ソングライトとヴォーカルプロダクションにJasper Cameron(Christina Milian, 安室奈美恵作品)。
『Skippin'』はクラップ音&キックの上に泳ぐように歌って心地良いグルーヴ感出すアップナンバー!!制作はTerry “MaddScientist” Thomas
『Music For Love』Marioのファルセットが甘くとろけるように聴こえる極上のミッドナンバー。制作はRalph B. Stacy
『Kryptonite feat. Rich Boy』は閃光のようなシンセブラスに優しいピアノ&メロディーが化学反応するミッドチューン!!制作はOak。ソングライトに本人も参加。
先行シングル『How Do I Breathe』はハープ&軽いトラックに切なく歌い上げるミッドナンバー。どことなく「Let Me Love You」の雰囲気を持った曲です。制作はStarGate(Ne-Yo, Beyonce作品)。
『No Definition』は民族系パーカッションとテクノの要素が混在したナンバー。制作はTimbaland(Justin Timberlake, Aaliyah作品)。
『Why』は圧迫感あるキックにリバーヴ掛かったクラップなどの濃密なトラックに濃厚なコーラスが絡まる熱唱ミッドナンバー。制作はOak
『Lay In My Bed』は秒針のようなトラックに儚く鳴り響くエレピの伴奏が真夜中を連想させるミッド。懇願するようなヴォーカルが印象的。制作はJasper & Big Reese
『Right And A Wrong Way』Keith Sweatの初期作品からのカヴァー。今作の目玉と言っても良いほど、Marioのヴォーカルを堪能出来る曲。ヴォーカルプロダクションにはNellyが関っています。
『Let Me Watch』Mr. Collipark(Ying Yang Twins作品)とSean Garrett(Beyonce, Ciara作品)が制作した不気味な横笛が鳴り響く怪しいナンバー。
『Do Right』Akonが制作したメッセージ性高い壮大なナンバー。パーカッションとピアノなどシンプルなアレンジなのに、後半に向かってのヴォーカルとコーラスの盛り上がりはグッときます。

ここから日本盤ボーナストラックの紹介!!
『Let Me Love You [Acoustic]』はシンプルに生バンドアレンジされたアコースティックヴァージョン。

今作はMarioのヴォーカルの力量がよく分かる内容でした。前作でも立証済みだったけど、それを遥かに越えて素晴らしい歌声を披露しています。良い具合に現行的なサウンドも織り交ぜていて聴きやすさ抜群!!これ、マジで良いです!!ぜひ聴いてみてください

● 関連作品 ●
・2nd AL 『Turning Point』レビュー こちら

Exclusive.jpg

前作のシングル『Run It!』で鮮烈なデビューを飾ったChris Brown。歌って踊ることから“ポストMichael Jackson”と呼ばれ、なんと「Thriller」のトリビュート・パフォーマンスをしたり某誌の表紙を飾ったときは「King Of Pop?」と書かれたり。それだけの期待が集まる中発表された2ndアルバムは、延期が続きましたがやっと発売されました。客演&制作陣の超豪華さは半端ないです!!

『Throwed』はクラップ音とドカドカ系ドラムが軽快なナンバー!!制作はState Of EmergencyBryan Michael Cox(Mary J. Blige作品)。
『Kiss Kiss feat. T-Pain』は売れっ子アーティスト兼プロデューサーであるT-Pain客演&制作のバウンシーなアップナンバー!!Billbordチャート№1を獲得。
『Take You Down』The Underdogs(Tank, Omarion作品)が制作した濃厚なR&Bミッドナンバー。エレキの熱いフレーズとアドリヴが絶妙です。
『With You』Johnta Austinがソングライト、StarGate(Ne-Yo, Rihanna作品)制作の胸キュン系ミッドバラード。しかし、一連のStarGate作品と変わらずマンネリ感あり…。メロディーが綺麗なのに勿体無いなー。
『Picture Perfect feat. Will.I.Am』は弾けるボールのようにビートが早いアップチューン。制作と客演にBEPのWill.I.Am
『Hold Up feat. Big Boi』はホンワカした雰囲気が心地良いミッドナンバー。客演にOutKastのBig Boiが参加制作はAndre Harris and Vidal Davis。ソングライトにCity HighのRyan Tobyも参加。
『You』はJ. Holidayの「Bed」を制作したThe DreamL.O.S. Da Maestroが担当した“ゆーゆーゆー”が病み付きになるミッドチューン。
『Damage』は不穏なシンセストリングスとティンパニーが印象的なスローナンバー。制作はThe Runners(Keyshia Cole, T.I.作品)。
先行シングル『Wall To Wall』は彼のダンスを発揮するようなアグレッシヴなアップナンバー!制作はSean Garrett(Beyonce, Rihanna作品)。
『Help Me』はビチャビチャしたSE音が飛び交うアップナンバー!!制作はThe Underdogs
『I Wanna Be』はソングライトにTankも参加したピアノの旋律が切ない濃厚なミッドナンバー。制作はAntonio Dixon & Eric Dawkins
『Gimme Whatcha Got feat. Lil Wayne』は前作でも共演済みのLil WayneのフニャフニャRAPが炸裂する可愛らしいSE音が耳に残るナンバー。制作はJazze Pha(Ciara作品)。
『I'll Call Ya』はソングライトにSean Garrett、制作にSwizz Beatz(Beyonce, Monica作品)を招いた軽快なスナップ&ホーンがアゲアゲにするアップ。
『Lottery』は妖艶な雰囲気を漂わすミッドナンバー。流れるようなメロディーが印象的。制作はThe Underdogs
『Get At Ya』は不気味なシンセリードが鬼気迫るサウス色強いナンバー。制作はThe Underdogs
『Mama』は新進気鋭プロデューサーEric Hudson(Omarion, John Legend, Mary J. Blige作品)制作の懐かしい雰囲気が温か味あるミッドナンバー。
『Nice feat. The Game』The GameのRAPが本人を喰っちゃってる感漂うシリアスなエレキのフレーズが印象的なナンバー。
『Down feat. Kanye West』はエレキのフレーズループと煽り声が男臭いミッドナンバー。客演にはKanye Westが参加。

ここからは日本盤ボーナストラックの紹介!!
『Fallen Angel』は湿っぽいシンセパッド音が耳にこびり付くミッドナンバー。

どうです、この制作陣&客演の豪華さ(笑)その豪華さに負けじと、前作に比べると大人の雰囲気も出てきたヴォーカルが印象的でした。ミッドナンバーは結構良いものはあるんだけど、アップに関して言えば物足りなさも…。せっかく踊るんだし、やっぱりガツンとくるアップが欲しかったです。ぜひ聴いてみてください

● 関連作品 ●
・『Chris Brown』レビュー こちら

feedbackpv.jpg

2月20日に国内盤発売予定のJanet Jacksonの新作『Discipline』からの先行シングルである『Feedback』のPVが解禁になりました!!
PVの内容なんだけど、前半はJanetが宇宙の惑星の上を飛び回ってるいる面白い世界観。
中盤からダンスが入ってくるんだけど、白いミルクの海に赤い空という設定。
ポイントになっている黒色の鋲を打った黒い全身タイツ&ブーツの衣装が映えていて、これも良い感じ♪
もちろんダンスもガッツリ系で踊りまくっています。てかダンサーさんは全員男性かな?
終盤はJanetが赤い衣装になり、白い球体を扱ったパフォーマンスが見所。
てか白い水しぶきとかJanetが惑星から落ちる時の閃光とか超カッコいい!!
シンプルなんだけど、凝っていて世界観あるPVで個人的に大好きっ。
feedbackpv1.jpg

↑左から振り付けをしたというGil DuldulaoJanet、PV監督Saam Farahmand
また、このPVを収録予定の『Discipline』DVD付きエディションも通常盤と同日発売。
ぜひDVD付きをゲットしちゃいましょうっ(^_^)ノ

■『Feedback』試聴は公式HPにて こちら 

● 関連作品 ●
・『20 Y.O. [Deluxe Edition] 』レビュー こちら
・『Damita Jo』レビュー こちら
・『All For You』レビュー こちら
babymakinproject.jpg

男性ヴォーカルグループが次々とシーンから消えていく中、唯一残っている4人グループ、Jagged Edgeの通算6枚目の新作を紹介!!ベストアルバム『The Hits』発表後、Jermaine Dupriのレーベルで彼らの古巣であるSo So Defに移籍。解説にも書かれていたんですけど、ベスト発売の時は「これで契約打ち切りかな」って心配があったんですけど、こうやって発売されて嬉しい限り。そんな今作はメンバーであるBrandon CraseyBraian Craseyが全曲制作関与、Jermaine Dupriも制作に参加したミッド~スローばかりの内容になっています。

先行シングル『Put A Little Umph In It feat. Ashanti』Jermaine Dupri(Janet Jackson, Usher作品)が制作した、まったりとした空気間がアダルトな印象を与えるミッドナンバー。客演にはThe Incの歌姫 AshantiがSexyな歌声を披露。ソングライトにはJohnta Austinも参加。
『Whole Town Laughing』はビブラフォンやフルート、ピアノの旋律に熱いヴォーカルが絡まるJazzの要素が入ったミッド。制作はSick Cents
『Me That's Who』は心地良く滑らかなメロディーが際立つミッド。制作はSick Cents
『Get This』はハイハットの軽快な刻みやエレピの伴奏に誘われて濃厚な歌を痛い上げるミッドナンバー。制作はJermaine Dupri
『I'll Be Damned』は切ない胸キュンなメロディーラインとJD製の軽いトラックが印象的なミッドバラード。制作はJermaine Dupri
『Can't Get Right』は濃厚なキャンドルの香りのようなシンセリードのフレーズが響き渡るアダルトなミッド。制作はSick CentsThe Corna Boyz(Marques Houston, Omarion作品)。
『Way To Say I Love You』は夜風のようなオリエンタルな低音ハープ(?)の旋律が心地良い気持ちにさせるミッドナンバー。制作はJermaine Dupri
『Sunrise』はアジアンな煌びやかなフレーズが魅惑な雰囲気を出すミッド。制作はSick Cents
『Round And Round』はリフレインするようなメロディーラインが耳に残るナンバー。
『Turn You On』はスネアロールとどっしりしたトラックが今作の中で一番派手なトラックのミッド。ヴォーコーダーを駆使して濃厚な雰囲気を更に引き出しています。制作はSelasi

ここからは日本盤ボーナストラックを紹介!!
『Put A Little Umph In It feat. Ashanti (So So Def Remix)』はStrafeの「Set It Off」をサンプリング使用した、原曲のミッド感からアップナンバーへ雰囲気を変えたREMIX。

派手な曲はなくJagged Edgeの歌とコーラスで勝負した作品になっています。演出なのか分からないけど、曲間がなく、まるでMIX CDのように繋がっていくのには賛否両論ありそう…。落ち着きたいときなんかには最適なアルバムだと思いました。ぜひ聴いてみてください

● 関連作品 ●
・Nivea 『Nivea』(客演参加)レビュー こちら

bestalbum2007rnb.jpg

新年あけましておめでとうございます!!!
昨年は大変お世話になりました。今年もどうぞ宜しくお願いします!!
さきほどお雑煮を食してまいりました。餅4つ食ったら腹いっぱい…眠い(←おい。)
さて2008年、一本目の記事はBEST ALBUMS 2007 【R&B/HIP-HOP】編を紹介したいと思います!!今年はHIP-HOPアルバムを殆ど購入してないのでR&Bアルバムばかりですがご了承くださいまし。

Alicia Keys 『As I Am』
才色兼備というのはこの方のためにある言葉。待望の3rdアルバムを発表したAlicia Keysのヴォーカルにノックアウト。ハスキーで気持ちもROCKしてるところがカッコいいし、サウンドも積極的に新しい要素(ROCKやシンセの名機を使用など)を沢山盛り込んだ渾身の1枚でした。これ、超好き(笑)近日レビューUP予定。

Fantasia 『Fantasia』
『American Idol』優勝者であるFantasiaの2ndアルバム。2006年末に発売されたんですけど、このヴォーカルの凄まじさに2007年も引き続き圧倒されてました(笑)現行っぽいトラックの香りとヴォーカルでグイグイ引っ張る力が良い具合に合致している内容。・レビューこちら

Joss Stone 『Introducing...Joss Stone』
イギリス出身のソウルシンガーJoss Stoneの2ndアルバム。メインプロデューサーにRaphael Saadiqを招いて、ファンク、ソウルを現代に昇華させた内容がとてつもなくカッコいい作品でした!!どこかキャッチーな部分もあって聴きやすいです。・レビューこちら

Tank 『Sex Love & Pain』
このジャケットからして美味しそうなアルバムの香りがしてきません?(笑)最近は制作のほうで活躍していたTankの久々の新作。全編ミッド~スローで固められた内容。その筋骨隆々な体&ヴォーカルでノックアウトでした。・レビューこちら

Keyshia Cole 『Just Like You』
ソウルフルなヴォーカルで圧倒するKeyshia Coleの2ndアルバム。先行シングル「Let It Go」はアゲアゲになるし、美しいミッドナンバー多数収録しているのがツボでした。・レビューこちら

Chrisette Michele 『I Am』
Def Jamから鮮烈なデビューを飾った新人女性シンガーChrisette Michele のデビュー作。ソウル、ブルース、Jazzの要素が心地良い気分にさせる“ザ・歌アルバム”な作品でした。軽めの音もどこか洗練させててお洒落です。・レビューこちら

Marques Houston 『Veteran』
エロの貴公子とでも言いましょうか。甘いマスクで熱いヴォーカルを披露しちゃってるMarques Houstonの3rdアルバム。現行的なアップもあれば、期待通りのエロ系ミッドや綺麗なスローもありと色々楽しめる1枚でした~てか、本当良い男だ(笑)。・レビューこちら

Robin Thicke 『Evolution Of Robin Thicke』
UsherやBrandyなどに楽曲提供しているRobin Thickeが、The Neptunesのレーベルに移籍後の2ndアルバム。本国では2006年に発売されてるんですが国内盤が2007年発売とかなり遅くゲット。待った甲斐ありました。先行シングル『Lost Without U』のあのエレキのカッティングだけで蕩けてしまいそうなのに、ヴォーカルでも甘く艶やか。全体的にJazz、ソウルのシックな大人の雰囲気が漂う作品でした。・レビューこちら

Amy Winehouse 『Back To Black』
最近はブリちゃんと対抗してるかのようにゴシップネタで有名なAmy Winehouse 。そんな奇行すらも歌の表現力にしちゃいそうな雰囲気と、懐かしい60年代のソウルサウンドが気持ち良い作品でした。アギの新作に通じるアルバムです。・レビューこちら

Musiq Soulchild 『Luvanmusiq』
BEST SINGLESでも書いたので理由は省きますが、この全体通してスルっと聴けちゃう作風が堪らなく好きです。派手さはないけど、後に淡い残り香がするアルバム。・レビューこちら

ってことで、やはりR&B作品ばっかりでした(笑)あとかなり迷ったKelly Rowland、Joeのアルバムもなかなか良かったです!!!とこんな感じでまとめてみました。ミッド中心の作品が好きなのかなって自分発見できたこの記事。タメになるな~(笑)今年も色んなアーティストが作品を出すみたいなので発売が楽しみですたいっ!!

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 bounce track all rights reserved.
Recommend Video

         Christina Aguilera / Express [Live Ver.]   Perfume / ねぇ [TV Ver.]

Profile

   KOHEI

Author:  KOHEI
● 年齢 ● 2X歳

●好きなアーティスト●
TLC, Madonna, Janet Jackson
Christina Aguilera, Alicia Keys
Brandy, Monica, Mary J. Blige
Beyonce, Faith Evans,P!nk
Kelly Clarkson, Jessica Simpson
Christina Milian, Mya, Aaliyah
Blaque, Fantasia, Kylie Minogue
Luther Vandross, John Legend,
R.Kelly, Justin Timberlake,
Jamie Foxx, Ne-Yo, Tank
Maroon 5, John Mayer
Darren Hayes, Savage Garden

安室奈美恵, 東京事変 etc...

詳しくはこちら

Categories
Review
Comments
Push!! CD & DVD

                      QUEEN OF POPであるマドンナの初のオールタイムベスト!!!ヒット曲オンパレードな2枚組。POP界の音楽史とも言えるCDです。これでお勉強しましょ♪            American Idol第8シーズンの優勝者Kris Allenのデビューアルバム!!巷では対抗馬で、色っぽくて派手なAdamのメディア取り上げが断然多いですが、個人的にはオーソドックスなサウンドにKrisのヴォーカルが一押し。         安室奈美恵 シングルHIT曲だけのLIVE!!奈美恵さんの真骨頂である迫力の歌&ダンスは圧巻!!披露しているのは知ってる曲ばかり!!ダンサーさんたちもかっこ良く踊り狂ってます!!安室奈美恵LIVEで№1です!!んで僕のバイブル(笑)

Welcome!!

Monthly Archives
Recommend Blog

BLACK FLAVOR         HIP-HOP/R&Bなどブラックミュージック中心にレビューしているサイト。作品レビューの豊富さはピカイチ!僕も超参考にしてます!!

ブログ内検索

RSSフィード
管理人室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。