お気に入りCD(洋楽・邦楽・安室奈美恵)、日記など書いていこうと思いますっ! 洋楽聴き始めて3年ぐらいの洋楽初級者なんで、期待せずお手柔らかにお願いします! Special Thanks KATSU
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
beyonceidc.jpg


50Centが世界中で大ヒットを記録し、自身の代表曲でもある『In Da Club』(Dr. Dre制作)を世界のDIVA Beyonceが歌入れしたヴァージョン
これはレコードで出回っていて、正規CDでの販売はしていないんですけど、とあるルートで音源を入手出来たので今回紹介します
Beyonceお得意のコブシ風ヴォーカルと早口ヴォーカルが全面に出ていて、質の高い1曲になっています。HOOK部分のヴォーカルとコーラス、アドリヴの厚みがアゲアゲにさせます。
トラックは基本的に50Centと変わらないんですけど、エレピ(オルガン?)音色が加わってます。
冗談抜きでコーラスがキッチリ(厚みや細かい部分で)入っていて、完成度が高い!!
「なんで正規CDで発売しないんだろう…。」って思っちゃいます。レアトラック集を発売してほしいー!
マシューさん…お願いしますm(_)m (てかパパは観てないか 汗)

● 関連作品 ●
Beyonce 『Dangerously In Love』レビュー こちら
50cent 『Get Rich Or Die Tryin'』レビュー こちら
スポンサーサイト
pinkbtsmmr.jpg

今回は夏に向けて、梅雨なんて吹き飛ばしちゃうくらい、熱くて涼しげな、個人的独断と偏見で編集したCDを紹介しますちょいと前の曲が殆どですけど(笑)

01. ALL FOR YOU / Janet Jackson
もうこれ聴いて弾けちゃいたいという個人的な理由です(笑)だってこれ聴くだけでノリノリになりません?
Janet Jackson 『All For You』収録 レビューこちら
02. CAN'T SLEEP, CAN'T EAT, I'M SICK / 安室奈美恵
Janetの次は安室ちゃんのこの曲を持ってきたかったんです(笑)どことなく「ALL FOR YOU」に通じる感じがしました!
安室奈美恵 『CAN’T SLEEP,CAN’T EAT,I’M SICK/人魚』レビューこちら
03. Get Right / Jennifer Lopez
安室ちゃんの曲とこの曲を繋げたくて、序盤の3曲を決定しました(汗)本当独断と偏見で選んでます(-_-; これもアゲアゲになるし、好きな曲です。 Jennifer Lopez 『Rebirth』収録 レビューこちら
04. Love At First Sight / Kylie Minogue
Kylieの曲の中でも好きなナンバー。夏の爽快感とかマッチしてるなーっと思ってセレクトしました!ハウステイストで盛り上がります! Kylie Minogue 『Fever』収録 レビューこちら
05. Since U Been Gone / Kelly Clarkson
ROCKテイストで攻めのナンバー。攻撃的な雰囲気が夏っぽいと思ってセレクトしました。
Kelly Clarkson 『Breakaway』収録 レビューこちら
06. Fallen / Mya
涼しげなんだけど、どこか切ないナンバー。愛らしい声が良いです。 
Mya 『Moodring』収録 レビューこちら
07. Someday One Day / Christina Milian
個人的に切ない雰囲気が、ひと夏の思い出ような感じがします。
Christina Milian 『It's About Time 』収録 レビューこちら
08. I Found Lovin' / Ashanti
シンセの爽快感あるサウンドとヴォーカルが海岸線のようなイメージをさせました。
Ashanti 『Chapter Ⅱ』収録 レビューこちら
09. Let Me / Rihanna
現行トラック系に個人的に夏女・Rihannaのアゲアゲナンバーを選曲。
Rihanna 『Music Of The Sun』収録 レビューこちら
10. Soldier feat. T.I. & Lil Wayne / Destiny's Child
サウス系トラックのCOOLなナンバー。じわじわと盛り上がる曲です。
Destiny's Child 『Destiny Fulfilled』収録 レビューこちら
11. Come Get Some feat. Lil John & Sean Paul(Youngbloodz) / TLC
TLC meets Crunkで、TLCのノリとCrunkが最高です!アゲアゲ必至!
12. I'm Good / Blaque
もう個人的にアゲアゲ最高潮です(笑)現行トラックにNatinaのRapが最高です!
I'm Good / Blaque レビュー こちら
13. Diggin On You / TLC
TLC作品でも好きな曲で、涼しげな雰囲気が最高なミッドナンバー。
14. Cool / Gwen Stafani
80年代風の切ないPOPナンバー。歌詞も個人的に好きです。
Gwen Stefani 『Love, Angel, Music, Baby 』収録 レビューこちら
15. (There's Got To Be) More To Life / Stacie Orrico
バンドサウンド風の切ない雰囲気を持ったナンバー。この曲目当てでアルバムを購入しました(笑)
16. With You / Jessica Simpson
オーソドックスなPOPナンバー。でも意外とこういった曲って少ないような気が…。MTVの番組がきっかけで好きになりました。
17. Sexy Love / Ne-Yo
今一番好きな曲なんです(笑)最後はしっとりとまとめてみました。
Ne-Yo 『In My Own Words』収録 レビューこちら

てな感じでまとめましたー。だからなに?という声も聞こえてきそうですが(汗)好きな曲をまとめてCD作るって
改めてそのアルバムを聴きだすきっかけにもなりますよね。
実はVol.1も作ったんですけど、それはRecommend Singleで紹介したRemixをまとめたCDになってます。今回はこんな感じでした(笑) なんか変な〆方…(汗)
distance.jpg

デビューアルバム『First Love』が800万枚も記録し、一躍大スターになった宇多田ヒカルの2001年発表の2ndアルバムを紹介
今作は超有名海外制作陣も参加した豪華な内容です。特にお気に入りは…

『Wait & See ~リスク~』は制作にJam & Lewis(Janet Jackson作品)を迎えたHARDなエレキフレーズがカッコいいRockナンバー歌詞の前向きな内容が好きです。
『Can You Keep A Secret?』はアコギの哀愁あるフレーズが印象的なR&Bナンバーサビの歌詞が印象的です。
『Distance』は切ない雰囲気が堪らなくグッとなってしまうナンバー“ひとつになれない”距離感と、それを受け止める強さと努力、この歌詞が印象的でグッときました。宇多田作品で1番好きな曲です。
『サングラス』は前作の流れを汲んだR&Bミッドナンバー「強がりなのは臆病」という歌詞が印象的。
『ドラマ』は重厚感あるROCKナンバー歌詞の内容とサウンドが上手く合っています。
『Eternally』はストリングスの旋律が美しいバラードナンバー“この瞬間だけは永遠”という歌詞が印象的です。
『蹴っ飛ばせ!』はシンセストリングスと16分に刻むSE音、ディストーションが効いたギターがCOOLな印象を与えるROCKナンバー
『タイム・リミット』Rodney Jerkins(Destiny's Child作品)とTAKURO(GLAY)が制作参加した、US現行R&Bナンバー

シングル目当てで購入したんですけど、アルバム曲も充実しているので、まだ聴いたことのない方にお薦めですぜひ聴いてみてください


allforyou.jpg

もう説明不要(!?)なほど、誰もが認めるJanet Jacksonの2001年発表のアルバムを紹介
今作もメイン制作は相性ばっちりなJam & Lewis(Usher, Mariah Carey作品)。(Rockwilderも大幅に関与してます。)今作のキャッチコピーの“So Pop! So Happy!こんなジャネットは初めて!”に今作の内容が物語ってます(ちなみに当BLOGの安●奈美●「アタシもう恋に夢中で何もできない!〔個人的訳〕」レビューのキャッチコピーを見比べてみてみると…。はっ!)

『You Ain't Right』はシンセベースとドラムトラックが絶妙なグルーヴ感を出すCOOL&HARDなダンスナンバーホイッスルも印象的で、Janetのヴォーカルもワイルドです。
先行シングル『All For You』はChangeの「Glow Of Love」をサンプリング使用したPOPで可愛らしいダンスナンバー歌詞の“あれに乗りたい”が印象的…(笑)
『Come On Get Up』はタイトル通り、立ち上がりたくなるほどのアゲアゲダンスナンバー民族楽器と圧迫感あるドラム、爽快感あるピアノなどのシンプルなトラックにJanetのヴォーカルが映えます。
『When We Oooo』はシンセストリングスとコーラスが全体の浮遊感を出しているミッドナンバー気泡のようなドラムやSE音が印象的。
『China Love』はジャマイカを彷彿させる民族楽器が暑さの中の涼しさを感じさせるミッドナンバーコーラスとJanetの絡み合いが心地良いです。
『Love Scene (Ooh Baby)』はタイトル通りのロマンティックなスローナンバー全体的にJanetの妖艶なヴォーカルが印象的で、シルクのようなコーラスが良い味出してます。最後の一行の歌詞は…(照)
『Would You Mind』は前のよりさらにアダルトな雰囲気を出したナンバートラックの液体が滴るようなSE音と色っぽいJanetがヤバイです(笑)
『Trust A Try』はストリングスのクラシカルなフレーズとハードなエレキが混ざり合ったRock風ダンスナンバー32分に刻むSE音の嵐が疾走感を与えています。
『Son Of A Gun (I Betcha Think This Song Is About You) with Carly Simon』Carly Simon曲をサンプリング使用(ご本人も参加!)したCOOLなナンバー忍び寄るようなSE音、“はーは ふーふ”メロとバスドラの絡み、JanetのCOOLな囁きヴォーカルが耳に残ります。
『Truth』はソウルの香りを漂わす、極上のミッドナンバーエレキのワウ音やグルーヴ感あるベースラインに乗るヴォーカルが心地良いです。
『Someone To Call My Lover』はアコギの爽快感あるフレーズ(サンプリングです!なんて曲か忘れました…。)とSE音が心地良い可愛らしいナンバー
『Feels So Right』はピアノやエレピなどのフレーズがAORっぽい雰囲気を出している心地良いR&Bミッドナンバー
『Doesn't Really Matter』は日本でも大ヒットを記録したナンバーどこかアジアを感じさせるフレーズやメロディーが印象的なR&Bダンスナンバーこれは名曲最後のコーラス部分は口ずさんじゃいます(笑)日本人歌手が歌ってますけど…許せませんね…。ちなみにシングルヴァージョンとは違ってます。
『Better Days』は歌詞を語りかけるようなJanetのヴォーカルが印象的な、どこかスパニッシュの情熱的な雰囲気があるナンバー

ここで日本盤ボーナストラックの紹介
『Who』はエレキのフレーズやパーカッションが70年代を彷彿させるアップナンバーキャッチーなメロディーが印象的です。

キャッチコピー通りのPopでHappyな曲もあれば、Sexyな曲、Coolな曲…様々なナンバーが収録されていますそう。Janet Jacksonの色んな味を堪能出来ます(八宝菜みたいな感じ?)
ぜひ聴いてみてください
※現在、国内盤の廉価盤が出ています。

● 関連作品 ●
・Janet Jackson 『Damita Jo』レビュー こちら
・Janet Jackson 『Janet.』レビュー こちら
・Janet Jackson 『My Favorite PV』レビュー こちら




ymss.jpg

収録曲
01. You're my sunshine -STRAIGHT RUN-
Produced by TETSUYA KOMURO
Composed, Words & Arranged by TETSUYA KOMURO

02. You're my sunshine -EDDIE DELENA DANCE MIX-
03. You're my sunshine -TV MIX-

1996年6月に発表されたシングル
タイトル通り、夏の開放感を感じさせるダンスナンバー序盤は可愛らしいメロディーとゴスペル風コーラスが涼しげな夏、そこからシンセベースが高鳴る鼓動のように、エレキの激しさやBPMも上昇。激しくCOOLなダンスナンバーに変わります。
これは“夏”の定番ナンバーですねもちろんLIVEでもお馴染みです。
この夏から始まるアリーナツアー。時期的にもピッタリなナンバーで、披露してくれるといいなーと思ってます(笑)
でもLIVEだと毎回、序盤の可愛らしいところを歌わずに、激しい部分のところから歌いますよね。
ぜひ夏のアリーナツアーでは序盤の可愛らしい部分も歌ってほしいですもちろんダンス付きで


● 安室奈美恵 CDレビュー 一覧 こちら

2日目は主に国際通りをフラフラして、夜8時過ぎに国際通りにある某有名カフェで、休憩がてらボーっとしてました。
普段は直ぐに飲み干してしまう(こういう人いるでしょ? 笑)アイスコーヒーも何故かこの日は味わって飲んでました。タワレコ那覇店で買ったCDの解説読んだり、ガイドブックを見ながら“ここ楽しかったな~”“これ美味かったな~”とか旅を振り返ってたり、“明日の今頃は電車に乗って家に向かってるんだろうな”と考えたり。
あ。そうそう。マイペースな僕でも一応中学校の修学旅行の班長経験を活かして「旅行計画」も考えてたんですよ(笑)それでもこの旅の申し込みが期限ギリギリに決めたせいか、行く前日まで全然実感ないし知識なしだったんです。
そんな沖縄のことを知らない僕に、地域のこと、料理のこと、花のこと…色んなことを話してくれたことが凄く嬉しかったな。綺麗な瞳に、真剣な眼差しと時折見せた笑顔も。
2日間の思い出を考えながら国際通りを歩く人達を見ていたら、凄く寂しくなりましたね。そんな気持ちと共に生まれたのは “また沖縄にくる” という決意。羽田から2時間くらいだ、行きたいところ、聞きたい話、まだたくさんある。これを励みに頑張ろうと。

アイスコーヒーを一口飲んだら水っぽい。「あー。氷が溶けるまで、考えてたんだなー。やっぱ普段とは違うことをするもんじゃないなー。」と心の中で一言。時計をみれば9時30分(そんなにいたの!?)
「そろそろ戻ろうかな」と思い、苦さだけが残る水っぽいアイスコーヒーを飲み干し、重い土産を持って店を出ました。あの味も忘れられないな。
200606201653000.jpg

今回は初日に行った『ロクロ体験(30分コース)』について
僕が体験したところは、やちむん通りにある『育陶園』という場所です。事前に予約していったんですけど、ロクロも初めて、ひとり旅も初めてということで、結構緊張していきました(笑)
んで今回ご指導してくださったのは、育陶園さんの大将さん(店主さん?)でした。
土の形成の仕方から手の置き方など手取り足取り、丁寧に教えていただきました。大将曰く「女性を扱うように優しく、しっかりとねー」だそうです(笑)あとお世辞だと思うんですけど「センスあるねー」って言って頂きました!!って言って置きながら殆ど大将がリードしてくれて、無事完成
「残りの時間は好きにやってていいよー」ということで、かなり真剣にやってました(笑)本当、集中しないと直ぐに形が崩れるんですよね。
そんな中、地元の方と大将が話しているところ、地元の方から「けんちゃんでしょ」っと話かけられ…もちろん僕は「え?」という反応。どうやら、けんちゃんという方に似てるみたいで…ってことは南国顔なんですかねー。だって「いやーえらいソックリだわ」ですよ(笑)
でも実際の僕は内地顔ですから(証明付です 笑)
そうこうしているうちに30分コースなのに1時間もやらせて頂きましたスタッフの方が「普段は30分なんですけど、大将の計らいで今回は1時間で、本当珍しいんですよー」と
大将!貴重な体験ありがとうございました
んで、外に出て気づきました…。
『写真とってねーーーーー!!!』
『ショーーーーーーーーーック

集中し過ぎでした…。肝心な部分を忘れてるし…。
といことで、約1ヶ月後に送られてきましたら、その時にお見せします…
公式サイト こちら

ってことで、お詫びに前回に引き続き‘食べ物編’です。
まずは『ミミガー』
200606131951000.jpg

都内の沖縄料理屋さんで食べたときから、大好きになったミミガーを注文しましたーあの歯ごたえが最高です

続いて『ごまいも』
200606132017000.jpg

中は3層になっていて、紫と白で見た目も綺麗でしたもちろん味も揚げたてで、ホクホクしてて美味しかったです(ちなみに一口食べて、思い出したかのように写メです 汗)

って感じでしたーてか丁度先週行ってたんですねー。なんか早いな…。

nellyfur.jpg

2006年6月のPush!! Monthly Artist

Nelly Furtado

2006年6月7日に待望の3rdアルバム『Loose』を発表しました今作の目玉といえば、
奇才 Timbalandをメイン制作に招いた、個性と個性の合体作品ということ
これだけで即買いです(笑)
また、サマーソニック2006にも出演が決まっている中での新作発表です
夏はこの1枚で盛り上がります(笑)
また新作『Loose』は後日レビューします

●試聴は公式サイトにて(かっこいいです!) こちら

andthen.jpg

男性R&Bシンガーで制作活動も積極的なJoeがデビュー10周年にあたる2003年に発表したアルバムを紹介今作の目玉といえば、レーベルメイトで同じ男性R&BシンガーR.Kellyが参加していること。
また今作も甘いナンバーが多数収録されています。

『Sweeter Than Sugar』は「The Makings Of You」をサンプリング使用した心地良いミッドナンバー流れるようなトラックに、Joeと女性ヴォーカルの絡みが絶妙です。個人的に好きなナンバー。制作はRoy Hamilton(Houston作品)
『And Then...』はピッチカート音が印象的なミッドナンバー厚いコーラスや、女性ヴォーカルが色っぽいです。個人的に好きなナンバー。制作はRoy Hamilton
先行シングル『More & More』は‘これぞR.Kelly’というような甘く色っぽいナンバー決して派手ではないけれどヴォーカルを味わうには堪らないナンバーです。
『Ride Wit U feat. G-Unit』は客演にG-Unitを招いた、このアルバムではアップめのナンバー渋いエレキのフレーズや、硬めのトラックをスルスル歌うヴォーカルが心地良いです。個人的に好きな曲。
『Priceless』は男性R&Bシンガーにバラードナンバーを書かせたらピカイチ The Underdogs制作の極上ミッドナンバーエレピの切ないフレーズ、Joeの熱く切ないヴォーカルがグッときます。個人的に好きなナンバー。
『Jeep』は浮遊感あるSE音と軽いスネアとヴォーカルが全体を優しく包み込むミッドナンバーRhoseのフレーズも最高です。制作はAllstar(Mario作品)
『You Dropped Your Dime』は硬めのスネアリムと細かく刻むハイハットとJazzyなエレキフレーズがアダルトな雰囲気を出すミッドナンバー若干抑えたヴォーカルも色っぽいです。
『Make You My Baby』は情感溢れるアコギのフレーズとパーカッションが印象的な“R印”ミッドナンバー色っぽいヴォーカルが心地良いです。制作はR.Kelly。個人的に好きなナンバー。
『Street Dreams』は2Pacの「All Eyez On Me」などをサンプリング使用したHIP-HOP色強いナンバー制作はRoy Hamilton
『It Ain't Like That』は重いバスドラと切ないピアノとアコギのフレーズが印象的な極上ミッドナンバー噛み締めるように歌うヴォーカルにグッときます。制作はAllstar
『Another Used To Be 』は生バンドを使用した心地良いバラードナンバーバンドのさり気ないフレーズとヴォーカルが出す雰囲気に酔いしれます。個人的に好きな曲。制作はIvan Barias & Carvin Haggins(Faith Evans, Mario作品)
『Bedroom』は硬いスネアリムと軽やかなピッチカートの間をグルーヴ感良くなるベースラインとヴォーカルが印象的なミッドナンバー制作はShe'kspere(TLC, Destiny's Child作品)
『Testify』はエレキの奇妙なフレーズがどこか哀愁漂わすミッドナンバーコーラスとヴォーカルの掛け合いが最高です。制作はIvan Barias & Carvin Haggins

決して派手ではない作品ですけど、Joeの甘く…時には切ないヴォーカルで勝負をしている作品です
夜、じっくりたっぷり堪能してみては…。ぜひ聴いてみてください

Special Thanks JUSTICE.




begfor.jpg

デビューアルバム『Get Rich Or Die Tryin' 』が世界的大ヒットを記録した50Cent率いるギャングスタ・クルーG-Unitのデビューアルバムを紹介現在は女性ヴォーカルOliviaやMobb Deepなども入り、かなり大所帯になっていますが、今作は4人でのアルバムです
特にお気に入りは…

バスドラの連発と女性ヴォーカルとラップの絡みが印象的な『G-Unit』、ピアノとギターのカッティングがハードさを与えるDr.Dre&Scott Storch制作の『Poppin' Them Thangs』、歌うようにRapをするのが印象的な『My Buddy』、オーケストラヒットとバスドラのインパクトに絡まるRapがCOOLな『I'm So Hood』、シンセタム、クラヴィネットのフレーズが印象的な先行シングル『Stunt 101』(PVのBrandyが可愛かったなー★)、Marvin Gaye曲をサンプリング使用&Joeが甘く痺れるヴォーカルが最高なR&B系ナンバー『Wanna Get To Know You』、Al Green曲をサンプリング使用したソウル風な『Groupie Love』、卑猥なシンセベースに添って歌Rapが耳に残る『Better Ask Somebody 』、民族楽器とブラスの奇妙なトラックが印象的な『Footprints』、エレキのフレーズなど全体的に心地良い雰囲気を持った『Smile』、スネアリム&ベースがハードさを与える『Salute You』、エレキのカッティング&クラップ音に薄っすらと絡まるシンセストリングスとハードなRapがかっこいい『Beg For Mercy』、Dr.Dre制作のピアノのフレーズが哀愁さを漂わせる『G'd Up』、シンセストリングスとシンセブラスのキャッチーなトラック&HOOKが印象的な『Lay You Down』、R.Kelly曲をサンプリング使用したアダルトなフレーズが印象的な『I Smell Pussy』 です。

50のデビューアルバムでも共通して言えたことは、トラックとHOOKが耳に残りやすい、キャッチーなものが多いですHIP-HOPをあまり聴かない僕でも、すんなり聴けたほどです(笑)ぜひ聴いてみてください
※ちなみに今現在、国内盤で廉価盤が出てます。


Special Thanks JUSTICE.

● 関連作品 ●
・50cent 『Get Rich Or Die Tryin'』レビュー こちら


ってわけで、今日は食べ物を紹介したいと思います
最初は、到着して直ぐにいったところ。
『うちなー茶屋 ぶくぶく』
bukubuku.jpg

ここで、紅芋チーズケーキ&ぶくぶくさんぴん茶のセットを食べましたぶくぶくさんぴん茶は、香ばしい感じとさんぴん茶(ジャスミン)の華やかな香りが最高でしたよ~。飲み方も店員さんが丁寧に教えてくれました!泡にも香りがあっておいしかった~
紅芋チーズケーキも絶品でした紅芋のほのかな甘さが後を惹く感じで、ぶくぶく茶に合ってました
焼きたてだったみたいで、運良かったなぁ~!あとサービスで『ちんすこう』も頂きましたこれもおいしかった!かなり満足でした
お店が路地裏にあるので、雰囲気も落ち着いていて、とてもリラックス出来ます次も絶対行く
公式サイトはこちら

続いてはこれ(笑)
oknwsb.jpg

沖縄そばでーす。実は大好きなんです!「沖縄に着たらこれでしょ」と勝手に決めて食べました!もーおいしかったさっぱりしてるからスルスル食べれちゃいました
んでこれ(笑)
gy.jpg

ゴーヤチャンプルー本当ベタな物しか食べてません(笑)
苦いかなーって思ったけど、それほど苦くもなく、おいしかったですやっぱ本場は違うなーって感じた瞬間でした!
んで続くはこれ(笑)
mzk.jpg

実は、かなり疲れてたので“酢”を欲しがって、注文したんですけど、これがおいしかった名産なだけあって、納得です歯ごたえもあって最高でした!お土産に買って行きました(笑)

てな感じでまだまだありますけど、今日はここらへんでー(笑)


食堂で、ゆし豆腐を食べたんですけど、ここもおいしかったな。
食堂に咲いていた花を思い浮かべれば、食堂の雰囲気とおばちゃん達の笑顔、僕の知らないあんな話、こんな話…色んな話と笑顔を思い出します。
またあの食堂に行きたいな。ありがとう。



昨日、無事帰ってきました!!

正直な感想は、超楽しかったですもうねー。また行きたいです(笑)
旅日記は、通常レビューを書きながら記事作成するんで、もうちょっと待っててください

んでこれは某マンションの入り口(笑) 結構前にトリビアでやってたから“本当だー!”って興奮して写メ
200606131626000.jpg

突然ですが、明日13日(火)・14日(水)・15日(木)の当BLOG更新のお休みを頂きたいと思います。

えー…。沖縄に行ってきます(笑) ...ひとりで。 初ひとり旅です

明日の今ごろは、鉄の塊に乗って空を飛んでいます(笑)
予定は大体決めてるけど、まー沖縄の空気とか雰囲気を楽しみたいと思います。
あと食べ物(笑) これが一番重要

昨日、友達とメールしてて改めて思ったんですけど、明日沖縄に行くのが未だ信じられません(笑) 
自分で申し込んでおいて、こういうのも変ですけど
ってことで、帰ってきたら“旅日記”なるものを書きたいと思ってます。

また当BLOGがお休み中、コメント書き込みして頂いてもかまいません。
帰ったきたときに必ず返信コメントします
結構記事も書いたんで、昔の記事を読んで頂けると幸いです。

では。16日(金)に

amurobt.jpg

この夏から全国アリーナ・ツアーが決定した奈美恵さんチケットも完売している会場が多く、
大盛況ですね。関東だと幕張イベントホール公演が残り僅かになっているみたいです。
もしかしたらもう完売したかも…。そんな中、先日追加公演が決定しました関東だと

●10月07日(土) 国立代々木競技場第一体育館  開場17:00/開演18:00

です。迷ってる方、都合がつく方、一度は奈美恵さんの生歌&生ダンスを何もフィルターを通さず、体感してみてください“アムラー”と呼ばれた時代とは違った輝きがあります。

ちなみに、このツアーの内容は、ツアータイトル通り“シングル”を中心にしているとのこと。簡単に言えば‘いやー懐かしいし、知らない曲のほうが少ないよー’な内容です(笑)シングル曲中心だと、殆ど踊りっぱなしだと…。これは要注目です
また各メディアのインタビューではこんなことも言っています。
シングルに収録されいる、今まで披露したことないカップリング曲
Album『STYLE』の収録曲も披露
トラックメイカーのYAKKOさんの曲もやる
ってことは“HIP-POP”なナンバーが充実した“魅せる”内容ってことですかねー

なんで、こんな記事を書くかというと、奈美恵さんのLIVEは半端なく“魅せる”からです(笑) 今回はアリーナツアーなので、前回までのホールツアーとは違い、派手で大掛かりな演出が可能ですけど、そういった演出なしでも、奈美恵さん&バックダンサーさんだけでも十分“魅せて”しまうんです。派手な演出に頼らず、演出はあくまで脇役。ダンスと歌で勝負してますと少し熱くなりました(苦笑)
奈美恵さんのLIVEに興味がある方は、ぜひ会場に足を運んでみてください 

●詳しい公演日程は公式ホームページにて こちら
●安室奈美恵 作品レビュー一覧 こちら

■ お薦めLIVE DVD ■
『namie amuro SO CRAZY tour featuring BEST singles 2003-2004』
僕の永遠のバイブルです

関東も昨日梅雨入りしましたねー。これから電車に乗るのが嫌になります…。そんな気分をアゲアゲにする曲と、雨の中しっとり身を任せる曲を紹介します
imgood.jpg

I'm Good / Blaque
僕は『I'm Good / Blaque』のシングルCDを持ってて、それを紹介しようとしたんですか、どうやら在庫なしのようなので、主題歌でもあった映画『Honey』(邦題:ダンス・レボリューション)のサントラから
制作はRodney Jerkinsで、胸に響き渡るバスドラの連射、細かく刻むパーカッションがアゲアゲにする現行R&BナンバーNatinaのRAPもかっこ良くて最高ですもうこれ、大好き今でもテンション上げる時によく聴いています学生時代、MDに入れててこの曲ばかりリピートしてました(笑)授業中も…


stick.jpg

The Pussycat Dolls 『Stickwitu R&B Remix feat. Avant』
アルバム売り上げが好調なThe Pussycat Dollsのバラードナンバー『Stickwitu』をR&B男性シンガーAvantが参加したRemixですRemixというより、デュエット風で、メロディーや、若干アレンジが変わっていたりしているだけなんですけど、もう原曲だけでも良い曲なのに、Avantのヴォーカルも加わって味わい深くなっていますこれもよく聴いていて、大好きなナンバーです
このRemixはAvantのNewアルバム『Director』にも収録されています。

今月はこんな感じでーす。ぜひ聴いてみてください

● Recommend Single CD 一覧 こちら
● The Pussycat Dolls 『PCD』レビュー こちら



rihannast.jpg

先日、ステッカーが届きましたNe-Yoに続きレコード会社の作戦に見事填まった僕。
そんなん気にしてるより、ただで貰えるもんは貰っとけって感じです(笑)Ne-Yoの時は2枚だったけど今回は1枚…その分若干大きいサイズになってました
ぜひともこういった企画をじゃんじゃんやってほしいです

● Rihanna 『Music Of The Sun』レビュー こちら
● Ne-Yo 『In My Own Words』レビュー こちら
justinlive.jpg

グループ ★N Syncでも、そしてソロアーティストでも大成功を収めた人気男性シンガー
Justin Timberlakeの初のソロLIVEの模様を収録したDVDを紹介
今作はロンドンで行われたライヴを収録されていますが、観客は女性が多いです(笑)
本題の中身なんですけど…。やっぱネタばれって嫌ですよね(笑)なので、軽く触れる程度で。
サウンドは生バンド(ブラスも!)を贅沢に使用していて、Justinの音に対するコダワリも伺えました
生バンドの奏でる音の厚みや、ライヴ用にアレンジされた曲もあって、かなり良かったです
もちろんダンスやお得意のビートボックスもあります
個人的に『Cry Me A River』『Like I Love You』の振りが大好きですで、Janet Jacksonのバックダンサーでお馴染みのケリー・コンノさんも参加してますJanetファンの方でも楽しめます
★N Syncの時の楽曲も披露しているので、一石二鳥なDVDですまたThe Neptunes制作の『I'm Lovin' It 』(マクドナルドCMで流れてたあの曲!)のPVも収録されています
ボーナスCDもついていて、『I'm Lovin' It 』、日本盤ボーナストラックだった『Worthy Of 』他ハウスREMIXの4曲が収録されています。

しかし収録時間は50分ぐらいで、「もっと観たい!」というのが正直な感想です。
でも裏を返せば、それだけ充実したLIVEということです
サウンド、ダンス、ヴォーカル…全て楽しめる作品ですぜひ観てみてください

● 関連作品●
・Justin Timberlake 『Justified』レビュー こちら
・★N Sync 『Celebrity』レビュー こちら


onetnk.jpg

収録曲
01. One
Produced by Mine-Chang for TinyVoice Production
Music by Roma Tanaka & Mine-Chang
Lyrics by Roma Tanaka

02. No Change No End
Produced by 3rd Productions
Music by Roma Tanaka & 3rd Productions
Lyrics by Roma Tanaka

03. One [Instrumental]
04. No Change No End [Instrumental]

2006年6月7日にKing Recordからデビューをした男性シンガー田中ロウマのデビューシングルを紹介カリフォルニア出身で、アメリカの某超有名オーディション番組で良いところまでいった実力の持ち主。彼の魅力は歌とダンス日本では数少ない、歌って踊る男性シンガーです。
『One』はアコギが初夏を感じさせる心地良いミッドナンバー前向きな歌詞が印象的で、メッセージを伝えようとするヴォーカル&ファルセットがグッときます。是非とも歌詞を見てみてください。
『No Change No End』はロウマさんの真骨頂であるダンスパフォーマンスが活きるCOOLな現行R&Bナンバー
鋭角的なドラムトラック&クラヴィネット音に絡まるような、ぶりぶりベースに浮遊感あるシンセストリングスがCOOLな印象を与えます。透明感と力強いヴォーカルを兼ね備えたヴォーカルがカッコいいの一言

正直ダンス満載のPVも付けて欲しかったけど、CDだけでも十二分に魅力を感じさせる作品ですぜひ聴いてみてください

~~独り言~~
安室奈美恵と国内R&B/HIP-HOPアーティストのプロジェクトSUITE CHICで奈美恵さんとコラボしてほしいなー…。もちろんダンスナンバー…でもミッドナンバーもいいなぁ。あ!『No Change No End』のREMIXみたいので『No Change No End Remix feat. SUITE CHIC』で、ロウマさんと奈美恵さんの掛け合いヴォーカルとかあったら最高じゃないですか?!妄想は限りなく続く…。

● 詳しいプロフィール、試聴・PV視聴は公式サイトにて こちら

Special Thanks KATSU (BLACK FLAVOR Webmaster)

流れを気にします(笑)
今日は奈美恵さん憧れのJanet Jacksonの数々のPVの中で個人的に好きなPVを紹介したいと思います基準は昨日の奈美恵さんの時と同じです。でもダンサーさんの知識はなしですけど…
まず1本目はこれ。
janetafy.jpg

『ALL FOR YOU』
3Dのアニメーションをバックにガッツリ踊ったダンスPVです振り付けは奈美恵さんの『CAN’T SLEEP,CAN’T EAT,I’M SICK』の振り付け担当したShawnette Heardさん
好きなところはサビ部分の振りが大好きですとにかくガッツリ踊っているPVで、曲間のダンスのみの部分がカッコいいです。後、バックダンサーさんの“ガッチリ・くっきり”と揃って踊ってるのが凄い

続く2本目はこれ。
GotTilItsGone.jpg

『Got Til Its Gone』
特に踊ってるわけでもないんですけど、この曲の雰囲気と映像の世界観が絶妙に混ざり合ったPVです。
湿った雰囲気や、黒っぽい感じ、マッタリした空間が大好きです

って感じで、これもシリーズ化しようかなと検討中… ぜひ観てみてください

※『ALL FOR YOU』『Got Til Its Gone』は『From Janet to Damita Jo』に収録されています。

今日は個人的に奈美恵さんの数々のPVの中で、好きなPVを紹介したいと思います
僕の好きな基準は…
1.振り付けがカッコいい(基本ですね 笑)
2. PVとして全体的にカッコいい(超曖昧です…)
3. ダンサーさん(超独断と偏見です…しかも結構重要)
です。それでは早速1本目

putemuppv10.jpg

『Put 'Em Up』
これは錆びれた工場でのダンスPVです
振り付けはワーナーさんで、もうカッコいいの一言んでダンサーさんもカッコいい
歌詞の内容の“男 VS 女”のように、ペアになって踊る部分が多く、サビの足のステップとか、蹴りとか最高です。画像のこの奈美恵さん。凄いSEXYでカッコいいですよねきっちりした振りもカッコいい奈美恵さんだけど、こういった雰囲気でも魅せてしまうのが凄いです。
歌詞の“どっかにいけば~”の部分ではタイヤなどを使っていて、これもカッコいいです。
ここの部分のTVパフォーマンス時(LIVE時とは違います)はPVのようにタイヤではなく、振りがあります。個人的に振りのほうがカッコ良くて好きなので、YouTubeなんかで観て見てください

続いて2本目はこれ。
alarm01.jpg

『ALARM』
全体的にモロクロでCOOLな印象を与えるダンスPV
これも振り付けはワーナーさんでカッコいいの一言です
それよりなにより、ダンサーさん方が最高です個人的に奈美恵さんの数々のバックダンサーさんの中で、一番好きな方たちなんです。当時、ファンサイトでもこのダンサーさんたちは人気でしたねー。
振りはガッツリ踊る感じで最高です個人的に好きなところは“朝までなだめて~”のAメロ部分と、
“6am sending~”のBメロ部分が痺れます(笑)サビの振りは2パターンあって、両方ともカッコいいです
ちなみに「MTV VIDEO MUSIC AWARD JAPAN 2004」でのパフォーマンスは凄いですTRFのCHIHARUさん、ETSUさんを加えた大所帯でのパフォーマンスだったんですけど、曲中・ラストの振りはJAZZテイストの激しい振りにアレンジされていますぜひYouTubeかなんかで観てくださいこれは半端なくカッコいいですから

って感じで、今回はこの2本を紹介しましたー。これもシリーズ化します(すぐ終わる可能性大)

  ■ 特典(笑) ■
alarm12.jpg

奈美恵姐さん&特攻隊ですよ(笑)

※『Put 'Em Up』『ALARM』のPVは『FILMOGRAPHY 2001-2005』に収録されています
 このDVDの収録内容はBESTアルバム的で、ダンスPV満載ですぜひ高画質で観てみてください

●安室奈美恵 作品レビュー一覧 こちら

bepmb.jpg

前作『Elephunk』が全世界で大ヒットを記録し、グラミー賞多数ノミネートをしたBlack Eyed Peasの2005年発表のアルバムを紹介メンバーは数々のアーティストと制作しているWill.i.amTabooapl.de.ap 、前作から加入した紅一点女性ヴォーカルFergie の4人。今作は豪華な客演陣も多数参加しています
『Pump It』は映画『パルプフィクション』の「Misirlou」を使った超アゲアゲナンバー耳に媚びり付くこと必必至
先行シングル『Don't Phunk with My Heart』FergieのヴォーカルとRap組の掛け合いが印象的なアップナンバー
『My Style feat. Justin Timberlake』はエレキのフレーズと民族楽器が印象的なHIP-HOPナンバー制作はTimbalandで、Justinのヴォーカル&ファルセットが良いエッセンスになってます。
『Don't Lie』Fergie の熱いヴォーカルを全体に出した心地良い初夏を感じさせるナンバーアコギのフレーズが印象的。
『My Humps』はシンプルなトラックでチープなSE音が印象的な“楽観的”ナンバーFergieヴォーカルが全面に出た曲。
『Like That feat. Q-Tip, Talib Kweli, Cee-Lo & John Legend』をはエレガントで妖艶なストリングスのフレーズが印象的なHIP-HOPナンバーRapリレーも聴き所で、Cee-Lo & John Legendの厚いコーラスも印象的。
『Dum Diddly feat. Dante santiago』はダンスホール系トラックのアゲアゲナンバー妖艶なストリングスも印象的。
『Feel It』Fergieの清々しいヴォーカルが印象的なナンバークラヴィネットや、シンセタムが爽快感を与えてくれます。
『Gone Going』Jack Johnsonを迎えた夏らしく心地良いフォークナンバーJackの心地良いヴォーカルが印象的。
『They Don't Want Music feat. James Brown』は大御所James Brownを招いたアゲアゲFUNKナンバー
『Disco Club』は野蛮なブラスとバスドラのアタックが強烈なCOOLでHARDなHIP-HOPナンバー妖艶な“らららららら~ふぅ”って口ずさんじゃいます(笑)
『Bebot』は(多分)willの口ずさみヴォーカルが印象的なナンバーシンセ音とパーカッションとクラップ音といったシンプルなトラック。
『Ba Bump』はガマ蛙のようなSE音が印象的なHARDなHIP-HOPナンバー
『Audio Delite At Low Fidelity』は90年代初頭のHIP-HOPトラックを感じさせるナンバーベースラインのグルーヴ感、Jazzyなエレキのフレーズが印象的。
『Union feat. Sting』Stingの「Englishman In New York」をサンプリング使用し、ご本人の客演のナンバーピッチカート音やSAXのフレーズが印象的。

ここで日本盤ボーナストラックの紹介
『Do What You Want』はエレキのハードなフレーズとシンセリード音が印象的なナンバーFergieとRap組の絡みが最高です。
『If You Want Love』はR&Bテイストが入ったナンバーアコギのフレーズに絡まるFergieの可愛らしいヴォーカルが印象的。
『Make Them Hear You』はエレキが全面に出たROCKテイストのHIP-HOPナンバー

とにかく楽しむアルバムです気分を上げたいとき、これからの熱くなる夏にピッタリなアルバムです
HIP-HOPが苦手な方でも聴きやすい作品ですぜひ聴いてみてください

This review was written for JUSTICE.

timeless.jpg

以前と同じく、本当は最初にアーティストの紹介をするはずですが、あまり詳しくないので、省かせて頂きます。申し訳ございません。
Sergio Mendesの10年ぶりとなる今作はBlack Eyed Peasのwill.i.amの熱いラヴコールがきっかけとなったそうで、R&B/HIP-HOP meets Blazilなんて言われてたりしてます。
僕はSergio Mendesというアーティスト名ぐらいしか知らなくて、曲すら聴いたことなかったんですけど、今作は豪華客演陣が多数参加していて、とても聴きやすかったです
特にお気に入りは…

先行シングルでSergio Mendesの代表曲(この曲は絶対どこかで聴いたことあるはず!)『Mas Que Nada feat. The Black Eyed Peas』はR&B/HIP-HOP meets Blazilを象徴するようなナンバー
『That Heat feat. Erykah Badu & will.i.am』Erykah Baduの妖艶なヴォーカルが印象的なナンバーwillのRapもセルメンのピアノに絡まるように勢いあります。
『Berimbau / Consolacao (feat. Stevie Wonder & Gracinha Leporace』はボサノバとStevie Wonder のハーモニカが心地良い風のような印象を与えるナンバー
『The Frog feat. Q-tip』はHIP-HOPテイストが濃い目のナンバージャジーな雰囲気もあり、Q-tipのRapが心地良いです。
『Let Me feat. Jill Scott & will.i.am』は心地良いボサノヴァナンバー流れようなJill Scott のヴォーカルは最高です
『Bananeira (Banana Tree) feat. Mr. Vegas』は、なんとレゲトンmeetsボサノヴァナンバー凄く自然で、心地良いナンバーになってます
『Surfboard feat. will.i.am』 はBlack Eyed Peasの曲のようなナンバーです(笑)willのRap炸裂です。
『Please Baby Don't feat. John Legend』は心地良いボサノヴァにJohnの温か味のあるヴォーカルが絶妙なナンバー
『Timeless feat. india arie』india arieのヴォーカルが全面に出たボサノヴァナンバー
『Loose feat. Justin Timberlake, Pharoahe Monch & will.i.am』Justin Timberlakeのソウルフルで、心地良いヴォーカルが良い味出しているミッドナンバー
『E Menina (Hey Girl) 』は美しい女性ヴォーカルが心地良い、リズムカルなボサノヴァナンバー
『Yes, Yes, Y' All feat. Black Thought of the Roots, Chali 2na of Jurassic 5, Debi Nova & will.i.am』はボサノヴァテイストナンバーでRapリレーが聴きどころです

今回、will.i.amのアピールで完成出来なかったことを考えると、will.i.amに感謝したいです。Sergio Mendesの音楽を聴くチャンスを早めてくれたし、もしかしたら聴いていなかったかも…。
ブラジル音楽としても聴きやすい内容なので、ぜひ聴いてみてください

えーこういう記事初めてなんで、ちょっと慣れない&緊張です(笑)

jusper.jpg

まずはJustin Timberlake
ソロデビューアルバムが1500万枚を記録した『Justified』に続く2作目が9月に発売予定
7月26日に新作のパイロットシングルとして発売予定(しかも日本盤!)。Black Eyed Peasのwill.i.amとの制作チームJAW BREAKERを結成し、制作しているとのこと。この制作チームってCharlie Wilsonの『Charlie Last Name Wilson』収録曲「Floatin' feat. Justin Timberlake&Will.i.am 」で披露してますねーどんな感じになるか楽しみです

● 関連作品 ●
・Justin Timberlake 『Justified』レビュー こちら
・Charlie Wilson 『Charlie Last Name Wilson』レビュー こちら

ca.jpg

もう一つはChristina Aguilera
遂に新作『Back To Basic』のリリースが決定公式に発表されていなかった国内盤も8月9日発売予定になりました制作陣はDJ Premier, Linda Perry, Scott Storchらが参加とのこと。
先行シングル『Ain't No Other Man』は7月26日発売予定(これも日本盤!)Justinと同じ日だ
詳しくは大の仲良し、KATSUさんのBlog 「BLACK FLAVOR」 5月14日記事(カテゴリー:洋楽ニュース)にて→こちら

● 関連作品 ●
・Christina Aguilera 『Stripped』レビュー こちら
・Sound Track 『Moulin Rouge』レビュー こちら(『Lady Marmalade』収録)
・Herbie Hancock 『Possibilities』レビュー こちら(ゲストヴォーカルとして参加。グラミー賞ノミネート曲)
lldef.jpg

Def Jamの大御所ラッパーLL Cool Jの2004年発表の11枚目のアルバムを紹介今作を語る上で欠かせないのは制作の殆どがTimbalandが担当個性的で濃いトラックが満載のアルバムですその中でお気に入りは…

ドスの効いたバスドラに卑猥なエレキ系のフレーズがアゲアゲにする先行シングル『Headsprung』、民族楽器が細かくビートを刻むTimba汁満開トラック『Rub My Back』Teddy Riley制作なんだけど、客演のR.Kelly制作に聴こえてしまうアラビアンな『I'm About To Get Her feat. R. Kelly』、チープなSE音やシンセ音が飛び交う『Move Somethin'』7 Aurelius制作・客演のビートボックス系トラックが印象的な心地良い『Hush』、女性ボーカルとクラップ音が印象的なミッドテンポの『Every Sip』 、抑えた女性ヴォーカルが妖艶な雰囲気を出す『Can't Explain It』 、Timba風個性的オールドスクール系トラック『Feel The Beat』 、卑猥なシンセ音とヴァイオリンがCOOLな印象を与える『Apple Cobbler』、ハードコアな『1 In The Morning』
です

聴いた後の感想は、現行トラックを上手く取り入れるLL Cool Jは凄いなーと思っちゃいました
Timbaland制作のナンバーに捨て曲は無かったですぜひ聴いてみてください

● 関連作品 ●
・『Todd Smith』レビュー こちら

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 bounce track all rights reserved.
Recommend Video

         Christina Aguilera / Express [Live Ver.]   Perfume / ねぇ [TV Ver.]

Profile

   KOHEI

Author:  KOHEI
● 年齢 ● 2X歳

●好きなアーティスト●
TLC, Madonna, Janet Jackson
Christina Aguilera, Alicia Keys
Brandy, Monica, Mary J. Blige
Beyonce, Faith Evans,P!nk
Kelly Clarkson, Jessica Simpson
Christina Milian, Mya, Aaliyah
Blaque, Fantasia, Kylie Minogue
Luther Vandross, John Legend,
R.Kelly, Justin Timberlake,
Jamie Foxx, Ne-Yo, Tank
Maroon 5, John Mayer
Darren Hayes, Savage Garden

安室奈美恵, 東京事変 etc...

詳しくはこちら

Categories
Review
Comments
Push!! CD & DVD

                      QUEEN OF POPであるマドンナの初のオールタイムベスト!!!ヒット曲オンパレードな2枚組。POP界の音楽史とも言えるCDです。これでお勉強しましょ♪            American Idol第8シーズンの優勝者Kris Allenのデビューアルバム!!巷では対抗馬で、色っぽくて派手なAdamのメディア取り上げが断然多いですが、個人的にはオーソドックスなサウンドにKrisのヴォーカルが一押し。         安室奈美恵 シングルHIT曲だけのLIVE!!奈美恵さんの真骨頂である迫力の歌&ダンスは圧巻!!披露しているのは知ってる曲ばかり!!ダンサーさんたちもかっこ良く踊り狂ってます!!安室奈美恵LIVEで№1です!!んで僕のバイブル(笑)

Welcome!!

Monthly Archives
Recommend Blog

BLACK FLAVOR         HIP-HOP/R&Bなどブラックミュージック中心にレビューしているサイト。作品レビューの豊富さはピカイチ!僕も超参考にしてます!!

ブログ内検索

RSSフィード
管理人室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。