お気に入りCD(洋楽・邦楽・安室奈美恵)、日記など書いていこうと思いますっ! 洋楽聴き始めて3年ぐらいの洋楽初級者なんで、期待せずお手柔らかにお願いします! Special Thanks KATSU
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
amurobestfictiontourdvd.jpg

昨年発表されたベストアルバム『BEST FICTION』の売上げが170万枚以上を記録。このアルバムを引っ提げてのアリーナツアーも何度の追加公演をしてもチケットは即日ソールドアウト。それは各メディアから賞賛するほどの内容。今回はアジア公演も成功させたツアーの台湾公演を、完全収録したLIVE DVDを紹介!!各曲の感想はライヴレポをご覧ください。
・『namie amuro BEST FICTION TOUR 2008-2009 @幕張メッセイベントホール 2008/10/26』⇒こちら
・『namie amuro BEST FICTION TOUR 2008-2009 @代々木第一体育館 2009/2/11』
こちら

メディア媒体ではこのツアーはかなり高評価されていて、ファンにとっては嬉しい限り。
でもこうやって評価される前からツアーを見てきた、ひとりにファンとして辛口なことを書かせて頂きます。全くの悪意はありませんので、予めご了承ください。


今回観て思ったことは、ただ曲の詰めすぎがダンスの完成度、ヴォーカルのキレの悪さを露呈してしまったと思えます。確かにあの曲数をこなせるのは奈美恵さんだけかと思う。だけど、個人的に求めてしまうのは「曲数をたくさん聴きたい、観たい」ではなく、1曲の完成度が高いパフォーマンス。
ただ、いま奈美恵さんがやりたい音楽と、ヴォーカルの力量が追いついていないように思える。それにダンスの振りが以前に比べると緩くなっている。2~3年前にインタビューで「『Put 'Em Up』『SO CRAZY』は振りが緩い。他の曲でも振りが緩いと間が持たなくて、振りを詰めている。」と言っていたけど、今回のツアーのヴァージョンはもっと緩くなってる。
もしダンスの振りを緩くするなら、ヴォーカルはきちんと歌って欲しいしなぁ。
バラードナンバーはフェイク、ファルセットを含めて1曲歌えるくらい。


今度出るオリジナルアルバムで“新しい自分”を表現しているらしいので、次回のツアーではそのあたりもパワーアップして欲しいと思います。

スポンサーサイト
amurowilddrdvd.jpg
昨年発表したベストアルバム『BEST FICTION』が150万枚を突破、同年10月からのアリーナツアーも国内60公演、更にアジア公演も決定し、勢いに乗っている安室奈美恵が、シングルとしては1年振りに発表。といってもベストアルバムに新曲2曲、DOUBLEとのコラボ曲も発表してるから結構作品発表しています(笑)今回のシングルは両A面シングル、どちらも超大型タイアップがついた強力ナンバーになっています!

収録曲
【CD】
01. WILD
Produced by T.Kura for Giant Swing Prodaction
Music: T.Kura, michico Lyrics: michico
Vocal Produced by michico
Tie-Up: COCA-COLA ZERO

02. Dr.
Produced by Nao' ymt
Music & Lyrics: Nao' ymt
Tie-Up: VIDAL SASSOON

【DVD】
01. WILD -Video Clip-
Creative Directer & Planner: Hidekazu “Kazoo” Sato
Directed by Caviar
Choreographed by TETSUHARU

02. Dr. -Video Clip-
Creative Directer & Planner: Hidekazu “Kazoo” Sato, Yasuhiko Shimizu
Animation Director: Junpei Mizusaki (Kamikaze Douga)
Art Direction: Rie Suzuki (Kamikaze Douga)

まずは1曲目である『WILD』は4つ打ちのキック、ファンキーなエレキのカッティング、絡みつくような激しいSE音の嵐が耳に残るダンスアップナンバー。「2009年も攻めの姿勢で行きます!!」とばかりなサウンドで、J-POPとは掛け離れた1曲です。音だけ聴くと最近のJanet JacksonだったりThe Pussycat Dolls楽曲を手掛けたRodney Jerkinsと通ずるとこあるし、ギターのカッティングなんかはJustin Timberlake『SexyBack』みたいだなとか。T.Kuraさん、結構意識してるのかな??リリックに関してはかなりアダルトな内容です…(笑)裏テーマは「少子化対策」なだとか(笑)
それはPVでもテーマになっているようで、惑星みたいなとこで曲が進むにつれヘルメットを被った全身黒づくめの男性ダンサーが増えていくという内容。このPV、ファンサイトでも議論になっていましたが一部がJanet Jackson『Feedback』のPVと似ている部分があります…。砂埃とか、惑星とか、黒づくめのダンサーとか、着地するところとか…これだけあれば色々議論にもなりますね(汗)
このPVを撮影したのは『60s70s80s』の各PVを撮影した監督らのプロダクションチームCaviarによるもの。はっきり言って、こんだけ類似点があるようなPV作るとは少し安易な発想じゃないかと思います。曲が良いのにPVで印象悪くするって全くもって“プロモーション”の意味になってないですね。COCA-COLA ZEROのCMのような汗が迸るシンプルな感じでもかっこ良かったのになぁ~。PVとCMで共通しているフロアダンスは新鮮で良かったです。

続く2曲目『Dr.』はエレクトロ風味のサウンドに、随所にラヴェル作曲のオペラの名曲「ボレロ」を引用したクロスオーヴァーな1曲。クラシックの楽曲を使用したり、色んな展開をみせるPOPナンバーって小室哲哉さんの楽曲に繋がりますね。メロディーも良い意味でJ-POP感も含んで(現在のJ-POPマナーに影響を及ぼしたのは小室さんでもあるけど)いて、なんか懐かしくなりました(笑)久々に『LOVE2000』聴いちゃいましたよ。
話戻しまして、昨年から斬新な音楽、ヴィジュアルで魅了しているVIDAL SASSONのCMの第三弾として使用しれていますが、PVではなんと初の全編アニメーション!!以下は音楽情報サイトBARKSから。
------------
amuroDr_PV3.jpg
時空を超えて「世界平和」のメッセージを伝える”という、壮大な社会派ミュージックビデオになっているというこの作品は、西暦3000年、環境破壊や大量殺戮兵器といった人類の愚行により廃墟化した地球が舞台。地球に残されたコールドスリープ状態の安室奈美恵と、歌詞にも出てくるドクター・クロノス(※ドクター・クロノスとは、ギリシャ神話で時を操る神のこと)のふたりが、過去を生きる人類に未来からのメッセージを届けるために動き出す。ところが実験はすんなりとはいかず、安室を2500年代の地球、2200年代の地球へと送り届けてしまう。そこで見た世界は、悲しい地球の姿。落胆や戸惑いの中、希望を捨てず、明るい未来のために移動する安室奈美恵。やがて2000年代にたどり着き、ひとりの少女にメッセージを伝えることに成功する。安室奈美恵は何を伝え、少女は何を感じたのか。果たして地球の、人類の運命は変えられるのか? 物語は“to be continued...”という、続編を感じさせるエンディングで幕を下ろす。
このミュージックビデオは、安室奈美恵の呼びかけで日本屈指のアニメーション作家やスタジオが大集結して作成されたもの。話題のゲーム『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』のアニメーションムービーや、GAKU-MC / 桜井和寿 (Mr.Children)の「手を出すな!」のPV映像といった、数多くの映画、CM、ゲームなどで前衛的な作品を発表してきた新進気鋭のアニメーション会社「神風動画」(かみかぜどうが)と組み、通常数ヶ月かかる製作を、たった1ヶ月で壮大なアニメーションに仕上げた。

だそうです(笑)このPV、かなり凝っていますよね。自分は『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』とか好きで観てるんですけど、こういった電脳系な感じとか大好きです!最後のシーンみると続編あるみたいだし、こりゃ期待しちゃいますね。DAFT PUNKがアルバム丸ごと1枚分を松本零次さんのアニメーションでPV作ったかのように制作しても面白いですね!!

-Live Report-
・『namie amuro BEST FICTION TOUR 2008-2009』'08/10/26幕張メッセイベントホール公演レポこちら(※ネタバレあり!!)
・『namie amuro BEST FICTION TOUR 2008-2009』'09/2/11代々木第一体育館公演レポこちら(※ネタバレあり!!)
■ベストアルバム『BEST FICTION』レビューこちら



amurovidal3rdcm.jpg


昨年2008年に発表したベストアルバム『BEST FICTION』が170万枚を記録し、その実力を知らしめた安室奈美恵。ツアーも再追加公演が決定し、勢いづいている彼女の2009年第一弾シングルが決定!!!今回は両A面となるシングル!!

---------------------------

『WILD / Dr.』
2009年3月18日(水)発売予定。CDのみとDVD付きの2パターン。
2009年第1弾SINGLEは、ダブルA面! 「WILD」はエレクトロ、ユーロ、ハウス、R&Bなどがミクスチャーされた先鋭的なトラック。クールでパワフルなトラックにワイルドかつセクシーなヴォーカルが新しい刺激的なダンス・ナンバー。「Dr.」はバレエ楽曲「ボレロ」をネタにしたオペラパートやエレクトロ、テクノ、R&Bなどがミクスチャーし、劇的な展開をみせる時空を超えた究極のラヴソング。 「WILD」(Music Video)、「Dr.」(Music Video)を収録したDVD付き。(情報源HMVこちら)

----------------------------  

ちなみに「Dr.」は<Fashion×Music×Vidal Sassoon>の第3弾「ブルジョワ・ゴージャス編」CMソングとして起用。30倍スピードカメラで撮影された、宮殿内でゴージャスなドレスを纏い美しい髪を靡かせるヴァージョンと、苺を片手にブルジョワな宮殿で入浴しているヴァージョンの2つがあります。今回も衣装はPatricia Field、ヘアスタイリングはOrlando Pitaの世界基準。
このCMやメイキング、3人のインタビューなど超豪華な内容はVIDAL SASSOON公式サイトで観れます⇒こちら
短いけど「Dr.」を聴いた感じだと、曲がどんどん転換していくクロスオーヴァー系ですね。こういうの、大好きなんで早くフルで聴いてみたいなぁ~。
ベストアルバム後、初のシングルなので期待が高まりますね!!

■Live Report 『namie amuro BEST FICTION TOUR 2008-2009』'08/10/26幕張メッセイベントホール公演レポこちら(※ネタバレあり!!)
■ベストアルバム『BEST FICTION』レビューこちら



10月からはじまる安室奈美恵 BEST FICTION tour 2008-2009 幕張公演のチケットが先日到着!!
友達の分もあってか無事到着して何より…。しかし!!
席が最悪なんです。安室ちゃんのアリーナ公演では運良くアリーナ席が多いため、このスタンド席は嫌だな~。
amuronamiebftticket.jpg

2006年のアリーナツアーみたいな大掛かりな舞台セットなしのシンプルに歌って踊る構成だったら間違いなく蚊帳の外。アリーナ席の盛り上がりと比べたらね(笑)
まぁ…好きなダンサーさん出ないから良いかな(爆)いやはや良くないです。
でもファンクラブ抽選でも初日公演とあって激戦だったみたいだし、行けるだけで良しとしないと…!!
余談になっちゃうけど、最近のファンクラブって会報遅いし、内容も写真ばかりで、その写真も微妙。
遅れてる分、内容充実してるのかなって期待してるんですけどね…(>_<)
写真も良いけど、インタビューとか掲載して欲しいな。どうにかして欲しい今日この頃です。
この公演のライヴレポートは書かせて頂きますので、期待せずお待ち頂ければ嬉しいです(笑)

あと今年の夏に開催された「a-nation'08」のDVDには奈美恵さんは収録されないようですね。
奈美恵さんが出て、少し興味のあるアーティストさんも出てるから購入を考えてたけど…残念でした(涙)ぜひとも何かの機会に映像商品化して頂きたい…。2004年に開催したファンクラブライヴも!!

ないとは思うけど、もしこの記事を読んでいる所属事務所及びファンクラブ関係者の方々様、
どうか宜しくお願いします(笑)


-Live Report-
■『PLAY tour 2007-2008 @東京国際フォーラム ホールA 2007/10/31』レポートこちら
■『PLAY tour 2007-2008 @市川市文化会館 2007/09/09』レポートこちら
■『BEST tour “Live Style 2006” @幕張メッセイベントホール 2006/8/19』レポートこちら
■『BEST tour “Live Style 2006” @幕張メッセイベントホール 2006/9/18』レポートこちら
pokoraamuro.jpg

発売以降ロングランヒットを記録しているベストアルバム『BEST FICTION』が好調な安室奈美恵。その彼女に対して、音楽情報サイトBARKSに掲載されてるフランスのポップシンガーM.Pokoraが最新作『MP3』に収録されている曲『TOKYO GIRL』についてこんなことを言っています。
(以下BARKSサイトから引用)
-----------------

なぜ東京の女の子について歌おうと思ったのか本人に直撃したところ、「白人や黒人の女の子を歌った曲は沢山あるけど、アジアの女性についての歌ってないな、と思って歌うことにしたんだよ。まだ日本には行ったことはないけど、俺の周りのヤツからすげーホットな場所だって聞いているからぜひ行ってみたいね。フランスでは日本ブームなんだよ」と嬉しいコメント。

「あなたにとっての“東京ガール”は?」との質問には、「ナミエ・アムロ(安室奈美恵)だよ。彼女って、才能あってセクシーで最高だね。東京に行ったら会ってみたい」との答えが。

-----------------
僕は奈美恵さんのファンサイト掲示板でこの情報をみたんですけど、素直に嬉しいですね~。
ちなみにM.Pokoraはフランスを代表するポップシンガー。グループで活動後ソロでも大躍進をし、MadonnaやJustin Timberlake、Aaliyah、Missy Elliott、The Pussycat Dollsなどなど大物アーティストを手掛けている敏腕一流プロデューサーTimbalandを制作に招いた『MP3』で世界デビューを飾った方。“歌って踊れる”ことからアメリカから世界に人気を博しているJustin Timberlakeに文字って“フランスのJustin”と呼ばれています。
ぜひとも対談してほしい。てか奈美恵さんのライヴを観ていただきたいです!!
もしこの縁でTimbalandに紹介してもらえるなんて話も…可能性はアリですよ!!
奈美恵さんは『SOMETHING 'BOUT THE KISS』や『Put 'Em Up』を制作してもらったDallas Austin(TLC, Janet Jackson作品)にも“アメリカに来て欲しい”と言わせてるぐらいですかね。(たしかアメリカのHIP-HOP系音楽雑誌The Souse誌で言ってたとか)
ベストアルバムを機に世界のステージに挑戦してみて欲しいものです。

■BARKS記事はこちら
■M.Pokora日本公式サイトこちら
♪安室奈美恵ベストアルバム『BEST FICTION』レビューこちら


初動68.1万枚を記録し2週目にして今年最速のミリオンを記録、更に女性アーティストとしては24年振りに5週連続1位獲得した安室奈美恵さんのベストアルバム『BEST FICTION』。先日レビューさせて頂きましたが、そこで書いた“ぜひオリジナルアルバムも聴いて欲しい”という僕個人の願いを込めて、今回はここ6年に発表されたアルバムの中から個人的に好きな曲を紹介したいと思います。※BEST ALBUM 『BEST FICTION』レビューこちら

style.jpg
■ALBUM 『STYLE』(レビューこちら)
『Indy Lady feat. ZEEBRA』
制作にMichael Jacksonなど大物アーティストを手掛けたTeddy Rileyを起用したUS直産COOLで先鋭的なR&Bナンバー。トラックを頂くためにアメリカまで行ったと雑誌で話していましたが、こういう日本では受け入れにくい曲をアルバムでやっちゃうとこが凄いです(笑)ちょっとヴォーカルに問題があるけど、ライヴでやったら映える曲だなって思うし、この後のアルバム曲でこんな個性的な曲はありません。
『Don't Lie To Me』
シンプルなエレピと軽めのバンド風アレンジのR&Bミッド。この曲の良い所はヴォーカルを非常に丁寧に表情を付けて歌い上げているところ。いまのヴォーカルはちょっと一辺倒な部分があるけど、高音の張るアドリヴ部分と低音のメロディーが気持ち良い曲。
『LOVEBITE』
メロディアスで可愛いトラックが女性らしさを出しているPOP感溢れるミッドR&B。この綺麗なメロディーラインは意外や意外、GLAYTAKUROさんが書き上げたもの。GLAY作品でもわかるとおもうけど、TAKUROさんのメロディーメイカーとしてのセンスは良いと思うし、耳馴染みの良い気持ちの良いもの。そこにアレンジャーとしてR&B/HIP-HOPコンポーザーであるAKIRAがPOP/R&B風に可愛らしいトラックを。コーラスもフンワリとした空間やファルセットが気持ち良い曲です。個人的に大好きな曲。
『Four Seasons』
シングル『ALARM』を制作したMONK&JUSMEが書き上げたバラードナンバー。どこか和テイストのメロディーラインにオリエンタルなアレンジが切なく儚い想いを聴き手に訴える隠れ名曲。普通にシングルにしてもおかしくない、逆にシングルにしなかったのが勿体無いくらい。これは『人魚』より好きだな~。
『Fish feat. VERBAL&Arkitec』
同じくMONK&JUSMEが書き上げたダンスホールテイストのアゲアゲナンバー!!客演のVERBAL&Arkitecの男臭さに対してCOOL過ぎるほどサラッと歌い上げてるところが非常に良いです!!


qohp.jpg
■ALBUM 『Queen of Hip-Pop』
『Ups & Downs Duet With Nao'ymt』
もともとは一人で歌うところを、あまりにもデモテープのNaoさんの仮歌の完成度が高いとのことでデュエットと曲となったR&Bミッドナンバー。メッセージ性高い曲はこの後の同じくNaoさん制作のヒットシングル『Baby Don't Cry』に通じる曲。
『No Part. Ⅱ』
アルバムの隠し曲として一番最後に収録されているNao'ymt制作曲。キラキラしたエレピの伴奏に水滴音が心切なくされるR&Bバラードナンバーで、これは短い曲なんですが、いつか…シングルのカップリングでも良いのでロングヴァージョンで世に出して頂きたい曲です。

amuroplayjkt.jpg
■ALBUM 『PLAY』(レビューこちら)
『Full Moon』
Naoさん制作のアップナンバーは苦手と言っておきながらこの曲は大好きな摩訶不思議なCOOLなダンスナンバー。初めて聴いたときから、この曲にダンスつけたら凄いことになると個人的確信があったんですが、正しくカッコいいものになっていました!!Naoさんのトラックはシンプルなんだけど、この曲はシンプル過ぎる位シンプル、コーラスも過剰につけずにゴチャゴチャ感がなく良かったです。
『It's All About You』
T.Kura & MICHICO夫妻制作のROCKアッパーチューン!!サビ前までの拍子の取り方が難しい曲とご本人も発言通り、でもその拍子の捉え方がカッコ良い曲。奈美恵さんって…ROCKナンバーを自分のものにするのが一番得意なのでは?『Boby Feels EXIT』『Please Smile Again』とかROCKテイストのダンスナンバーなんか聴いても超カッコいいし、お得意のJAZZダンスと合わせたらカッコいいし。Janetの全盛期のような感じがムンムンします♪
『Hello』
同じくT.Kura & MICHICO夫妻制作のR&Bチューン!!一時期のRodney Jerkins風アレンジが超COOL!!ということでいつかRodney Jerkins制作のダンスナンバーを発表して欲しい。
『Should I Love Him?』
またまた同じくT.Kura & MICHICO夫妻制作の壮大なR&Bバラード。泣きのメロディーやフレーズのオンパレード。男女問わず恋愛感に共感するのでは?
『Pink Key』
Naoさん制作のキラキラした輝きが新しい扉を開ける光のようなミッドテンポのR&Bナンバー。キャッチーなメロディーがNao節全開。元気になれる曲です。

●BEST ALBUM 『BEST FICTION』レビューこちら
●公式サイトはこちら
●安室奈美恵 作品レビュー一覧 こちら

amurobestfictioncd.jpg

先日の安室奈美恵『BEST FICTION』のレビューを書きましたが、今回は個人的に思ったことを記事にしました。今から書くことは全くの悪意などなく、むしろ好きだからこそ書かせて頂きます。
ですから“こんな意見もあるんだ”という気持ちでお読みになって頂ければ幸いです。

6年間を発売順で聴いて思ったのは、初期の『shine more』、『Put 'Em Up』、『SO CRAZY』(通称三部作)、『ALARM』の流れやサウンド、ダンス、ダンサーさんが大好きですね。
三部作発売当時に思ったのが“これが新しい安室流ダンスチューンなんだ”と。もうゾクゾクしましたよ(笑)日本のマーケットに媚びない、プロの歌手にしか歌えない曲、自分のやりたいことを突き進めてる姿がとにかくかっこ良かった。
発売にあたってのインタビューを読んでるとR&Bに意識した時期のシングルかな?ご本人はこれ以降のシングルでジャンル関係なしにやりたいことに絞ったようなことを語っています。

僕個人では、この三部作前後の作品の“攻め”が大好きなんです。ダンスもHIP-HOP(LA Styleっぽい)にJAZZが混ざった感じ?僕が好きな振り付けって偶然か何か分かりませんがWarnerさんが振り付けしたものです(笑)この時期のダンサーさんは、黒いノリがあってJAZZのキレもあるし、力んでない、抜いてるようにみえて抜いてない雰囲気が、今のバックアップされているダンサーさんにないものがあって、PV観るときにはダンサーさんを観る楽しさがありました。

なんだろ、アルバム『Queen of Hip-Pop』あたりからのサウンドやダンサーさんが徐々に変わりましたよね。それまでTRFの御三方のステージングから、10代の頃に演出をしていたIZUMIさんになって、ダンサーさんもIZUMIさん関連のダンサーさんに変更。さらにサウンドはPOP感も少し出て来て、T.Kura & MICHICO夫妻にNao 'ymtさんの2本柱へ。
個人的にNao' ymtさんの作るR&Bミッドやスローナンバーは大好きなんだけど、アップナンバーは苦手。トラックのインパクトは大きいとは思うけど、どの曲もメロディーがワンパターンで…。ダンスが付いてやっと好きになるパターンが多いです。『Do Me More』はそれでもイマイチだった…(涙)
あとは奈美恵さんのヴォーカル。MICHICOさんとガッツリやるまでは色んな表情がまだあって聴き応えあったけど、最近は一辺倒。友達とこれは話してることなんだけど、そろそろMICHICOさん以外の方とやってみて欲しいです。とか言いながら『It's All About You』(AL「PLAY」収録)なんか大好き(笑)

最後にツアー。これは希望なんだけど、演出に凝って欲しいなと(笑)前回の2006年アリーナツアーのようなシンプルに踊って魅せるステージは、会場の広さに似合わないと思いました。余談ですが、最後のクレジットをみて知ったんですけど、偶然にもSAMさんが演出された某アーティストさんステージを観させて頂いたんですが、シンプルなセットなのにインパクトある演出が所々あって飽きさせず、ファンでもない僕でも充分に楽しめたし、凄い面白かったです。
ので、程ほどに舞台演出に凝って欲しいです。だってダンスもして、舞台演出も凄かったらハンパなく見応えあると思うし!!想像しただけで興奮しちゃいます(爆)

と、長々と書いてしまったけど、好きだからこそ色んな欲が出てくるんだなと…実感しました(汗)
ある意味好き度も程ほどにしないと、素直に楽しめないのかもしれないですね(笑)
これからの最高の“創りもの”に少々期待しながら追いかけていこうと思います。
// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 bounce track all rights reserved.
Recommend Video

         Christina Aguilera / Express [Live Ver.]   Perfume / ねぇ [TV Ver.]

Profile

   KOHEI

Author:  KOHEI
● 年齢 ● 2X歳

●好きなアーティスト●
TLC, Madonna, Janet Jackson
Christina Aguilera, Alicia Keys
Brandy, Monica, Mary J. Blige
Beyonce, Faith Evans,P!nk
Kelly Clarkson, Jessica Simpson
Christina Milian, Mya, Aaliyah
Blaque, Fantasia, Kylie Minogue
Luther Vandross, John Legend,
R.Kelly, Justin Timberlake,
Jamie Foxx, Ne-Yo, Tank
Maroon 5, John Mayer
Darren Hayes, Savage Garden

安室奈美恵, 東京事変 etc...

詳しくはこちら

Categories
Review
Comments
Push!! CD & DVD

                      QUEEN OF POPであるマドンナの初のオールタイムベスト!!!ヒット曲オンパレードな2枚組。POP界の音楽史とも言えるCDです。これでお勉強しましょ♪            American Idol第8シーズンの優勝者Kris Allenのデビューアルバム!!巷では対抗馬で、色っぽくて派手なAdamのメディア取り上げが断然多いですが、個人的にはオーソドックスなサウンドにKrisのヴォーカルが一押し。         安室奈美恵 シングルHIT曲だけのLIVE!!奈美恵さんの真骨頂である迫力の歌&ダンスは圧巻!!披露しているのは知ってる曲ばかり!!ダンサーさんたちもかっこ良く踊り狂ってます!!安室奈美恵LIVEで№1です!!んで僕のバイブル(笑)

Welcome!!

Monthly Archives
Recommend Blog

BLACK FLAVOR         HIP-HOP/R&Bなどブラックミュージック中心にレビューしているサイト。作品レビューの豊富さはピカイチ!僕も超参考にしてます!!

ブログ内検索

RSSフィード
管理人室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。